japanese/english

第14回新日鉄SAIC学生美術展

 米国新日鉄シカゴ事務所は「第14回アート・アプリシエーション・プログラム」を記念して2月13日にシカゴ市フォーシーズンズ・ホテルで 恒例の昼食レセプションを開催した。 このプログラムは、文化活動の支援を通じて地域社会への貢献を図る主旨で 1993年に開始。 シカゴ美術館付属美術大学( The School of the Art Institute of Chicago 略称 SAIC )の学生の応募作品から毎年およそ40点を厳選し 、新日鉄シカゴ事務所内のギャラリーに年2回(冬期12月ー4月、春期5月ー11月)に分けて約20点ずつ展示している。


フォーシーズンズ・ホテル昼食レセプション
 作品が選ばれた学生には新日鉄から奨学金が贈られると共に、展示中に売却が成約した場合は、その全額が学生に支払われる事となっている。  今年度は224点の応募があり、同社の古田陽一氏(米国新日鉄 副社長 兼シカゴ事務所長)、山川雅代さん(同事務所 総務・営業担当)、SAICのマイケル・ミラー教授(版画科)、ナタニエル・スミス氏(大学院入学審査課)、斉藤博子助手(同プログラム・コーディネーター)による最終審査で34点の作品が選ばれた。  SAIC大学院生アダム・リード・ジャヌスさんがパンフレットのデザインを担当した。 またギャラリーでの作品設置はティム・ダンカン氏が行っている。

 今回は日本の学生が2名含まれている。 現在開催中の冬季展には福井のりあきさん(絵画科4年、大分出身)が油彩『無題』、 李正之さん(絵画科4年、東京出身)がアクリル画『コノダマユニバース』 を展示。 李さんは次回の春季展にも油彩『姑獲鳥(うぶめ)』を出品する。

 レセプション会場では山川さんの司会のもと、古田事務所長が挨拶に立ち、続いて篠田研次シカゴ総領事、 キャロル・ベッカーSAIC副学長、ミラー教授、斉藤助手が祝辞を述べた。

 古田氏は昨年、シカゴ日本商工会議所(JCCC)会頭を務めた。 JCCC はシカゴ周辺にある約370の日本企業で構成されており、日米両国の橋となるよう各社が地域貢献に尽力するなかで新日鉄が良い例となれば、と語った。

 「経済界と芸術界が協力し、今日が可能になったのです」と述べたのは篠田総領事。 「企業の誠意ある支援が学生達に大きな扉を開きました。 この中に、いつの日かポロックやオキーフのように有名になる学生がいるかもしれないのです。」

 ベッカー副学長はパンフレットをデザインした大学院生ジャヌスさんの努力をたたえた。 表紙には新日鉄シカゴ事務所とSAIC の正式名称が日本語でも表示されている。 双方とも英語名同様に日本語名が長く、縦に表記する場合はデザインに組み込むことが難しい。 プログラム14年の歴史でバイリンガルのパンフレットが初めて実現した。

プログラム・コーディネーター 
斉藤博子


クリスタル・ブルック・マッキャン
『葡萄の木』(部分)

アレックス・チティー
『あなたがあなたであること』(部分)

マシュー・カールソン
『月曜から金曜まで通勤しよう』(部分)

シェリュ・ヤン
『運動の教理』(部分)

 新日鉄ギャラリーは平日(月ー金)午前10時から午後4時まで、 無料で一般に公開している(要電話予約)。 冬期展は4月19日に終了、 春期展は5月4日に開始予定。 

詳細は山川雅代さんまで。
312-335-5242
Nippon Steel USA, Inc. 900 N. Michigan Ave. Suite 1820 Chicago, IL. 60611

(文責:斉藤博子、撮影:藤河信喜) 


マイケル・レーマンの『沼』の前で 
左から(敬称略)山川雅代、古田陽一、斉藤博子、キャスリーン・キング・ミラー、マイケル・ミラー


Nippon Steel USA Sponsors 14th Annual SAIC Student Art Show

  Chicago --  The Chicago Office of Nippon Steel USA Inc. (NSUSA) held a luncheon to celebrate the 14th annual Student Art Appreciation Program at the Four Seasons Hotel on February 13.

  NSUSA Chicago has a handsomely designed gallery space for the exhibition of approximately 40 artworks by students from the School of the Art Institute of Chicago (SAIC).  The show is divided into two parts, winter (December - April) and spring (May - November), with some 20 works per show.  Each student whose work is selected for the exhibit receives a monetary award, as well as the opportunity to sell their work commission-free.

  The program began in 1993 by NSUSA Chicago in order to provide SAIC students with exposure to the larger Chicago community, as well as to offer an opportunity for the local Japanese community to support Chicago-based cultural activities.

  This year alone, 224 slides were submitted by SAIC students.  34 pieces survived the final cut made by the selection committee,  which includes NSUSA's Yoichi Furuta (Executive Vice President and General Manager), and Masayo Yamakawa (Administrative Assistant),  SAIC's Michael Miller (Professor, Printmedia), Nathaniel Smyth (Assistant Director, Graduate Admissions), and Hiroko Saito (Coordinator, the NSUSA / SAIC Art Appreciation Program).  The annual exhibition pamphlets were designed by SAIC graduate student Adam Reid Janusz.  Tim Duncan installed the accepted works in the office gallery.

  For this year's competition, two undergraduate students from Japan were selected:  Noriaki Fukui (Painting, 4th year) and Jung Ji Lee (Painting, 4th year).  Fukui's oil painting "Untitled" and Lee's acrylic painting "Konodama Universe" are on view at the current show.  Lee will exhibit his second painting "Ubume" in the spring.

  At the reception, emceed by Yamakawa, NSUSA Chicago General Manager Furuta, Consul-General of Japan Kenji Shinoda, SAIC Vice President Carol Becker,  Professor Miller and Associate Saito congratulated the students.

  Last year, Furuta served as Chairman of Japanese Chamber of Commerce and Industry in Chicago (JCCC) which consists of approximately 370 major Japanese companies.  In his opening remarks, Furuta mentioned that the Japanese companies expand their efforts in contributing to Chicago-land community, to build bridges between the United States and Japan.  " I wish Nippon Steel could be one of the good examples of such activities," Furuta said.

  "Today is possible because the business world and the art world have joined hands," Consul-General Shinoda said in his congratulatory speech.  "With such generous support, the door is now open even wider for the students.  Just as O'Keefe and Pollock did, perhaps someday,  some of them may become household names."

  In her remarks, Becker acknowledged SAIC student designer Adam Janusz for his visible achievement.  In the cover of the exhibition pamphlets, Janusz succeeded to include titles of the two institutions in Japanese language.  The bilingual titling was realized for the first time in the 14-year program history.  

Because of their long, complicated titles, it had been a challenge to typeset their Japanese versions in traditional vertical setting. 



Crystal Brooke McCann
"Grape Vines" (part)

Alex Chitty
"You Are the One You Think You Are" (part)

Matthew Carlson
"Let us all commute Monday through Friday" (part)

Shenrui Yang
"Motion Dogmas" (part)

  The Nippon Steel USA, Chicago exhibit is open to the public by appointment, from Monday to Friday between 10 am and 4 pm.  The office is located at 900 North Michigan Avenue, Suite 1820.  The current show runs through April 19th, the next will run from May 4th.  For more information, call Ms. Masayo Yamakawa at 312 - 335 - 5242.

(Text by Hiroko Saito,  Photo by Nobuyoshi Fuzikawa)


In front of Michael Lehman's "Swamp,"
from left, Masayo Yamakawa, Yoichi Furuta, Hiroko Saito, Kathleen King Miller and Michael Miller


ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.