カイロプラクティックってなんだろうっていう人はいませんか? もちろんその名前は聞いたことがあっても、「じゃあ実際にどんな治療を行っているところなんだろうか・・・」と考えると、ちょっとそこまでは知らないなあという人も多いと思います。 実はUS新聞取材陣もこの取材に行く前までは、カイロプラクティックという名前は聞いたことはあっても、実際にどんな治療を行っているのか、またどんな症状の時に利用するところなのかということについてほとんど知識がありませんでした。 そんな疑問を解消するために、今回はACE CHIROPRACTIC CLINICの松下先生のところで、カイロプラクティックを取材陣が実体験してきました。

 まったくのカイロプラクティック初体験者の取材陣がまず最初に驚いたのが、「カイロプラクティックというのは、もみもみと気持ちの良いマッサージをしてくれるだけのところではないのだ!」ということ。 こんなことで驚くのはおかしいといえばおかしいのですが、これはある意味で新鮮な驚きでした。

 じゃあ、カイロプラクティックとは何であるのか? そう聞かれると困っちゃうので、少しだけ松下先生のホームページにある情報から抜粋しておきます。 *「創始者のDaniel David Palmer は、この新しい医学を次のように定義しています。 :
 カイロプラクティックとは、自然の法則に基づく哲学・科学・芸術であり、病気の原因となる脊柱上の分節の不整列を、素手によってのみアジャスト(矯正)するシステムである」。

 「でもそんなことを言われるとますますわかんないよ・・・」なんてそこのあなた、ハイ私もそうです。 というわけでカイロプラクティック初体験の取材陣が、難しい概念や単語を排除して、実際に体験した”感覚”をそのままリポートしていきますね。


@受付とコンサルテーション・ルームでの簡単な説明

 まずはミッキーとミニーがにこやかに出迎えてくれる待合室を通り、先生と一緒にコンサルテーション・ルームへ向かいます。 そこで現病歴、既往歴、家族歴などの基本情報を記入した後で、これから行われる治療について、先生が簡潔に説明してくれます。 この時にはもちろん専門的な語句や単語を使わずに、優しく噛み砕いた分かりやすい言葉で説明してくれますので、初めてカイロプラクティックを受けに来た人でもほっとした安心感を得ることができます。 


A治療室での科学的な各種検査

 そして安心感を与えてもらったところで、いよいよ治療室に移ります。 ところがところが、ここで例の我々が予想していた「もみもみ」が始まるのかと思いきや、なんと先生はパソコンの前に座って何やらプログラムを立ち上げるではないですか。 そのプログラムというのが、「TyTron C−3000」という脊椎の不整列(サブラクセーション)を正確に見つけるためのシステム。 このシステムを使って先生は、病理学的異常が疑われる部位をチェックします。 そう、先生の特徴は、いきなりメインの治療に入るのではなく、その理由を探るために長年の経験を基にした触診に加えて、各種の機器を使った科学的で客観的な判断を下していくことにあるのです。
 これには取材陣も本当に驚かされました。 ただ単に、痛いところや具合の悪いところはありませんかと尋ねて、「ではっ!」という感じでいきなり治療に入るのではなく、各種のデータをもとに検査しつつ、それを患者側にも理解できる優しい言葉で説明を加えながら治療を進行してくださるのです。 こういった手段を先生がとっていることで、初めてカイロプラクティックを受ける人でも、なぜ体の不調が起こっていたのかという疑問が理解できるとともに、先生の治療に対する信頼感というものも生まれてきます。 


BX線写真撮影室でのX線写真撮影と治療室でのX線写真分析

 治療室で各種の検査をした後にX線写真撮影室へ移り、シカゴ近郊では一番の設備を誇るACE CHIROPRACTIC CLINICのX線写真撮影機器で撮影を行います。 この撮影によって、患者さん一人一人の椎骨の配列や整合性を正確に知る事が可能になるのです。 でもなぜカイロプラクティックにそれほどX線写真撮影が重要であるのかという点については、先生のホームページにさらに詳細に説明されていますので、興味のある方は一度覗いてみると参考になります。
 先生の指示に従ってX線写真の撮影が終わると、その場で現像された写真を持って、再び先生と一緒に診察室へ戻ります。 そこで先ほど撮影したばかりの写真を元に、脊柱における椎骨の不整列を分析していきます。 もちろんこの時にも、この写真を患者さんと一緒にみながら先生が優しく解説していってくれます。 また詳細なX線写真撮影とその分析を行うことによって、実際のカイロプラクティック治療に入る前に、患者一人一人に最適な治療法と医療事故を未然に防いで安全な治療を施すことが可能になります。


C治療室でのカイロプラクティック治療

 詳細な各種検査を終えた段階で、それらの所見をもとにやっと治療に入ります。 もちろん治療に入るからといって、患者さんが何か特別なことをしなければならないということはなく、先生の指示に従ってリラックスするだけで大丈夫です。 この日の取材陣の場合は、首と腰の2箇所を治療していただいたのですが、それら2つの治療に要した時間はほんの5〜7分程度でした。 ここまでの検査に費やした時間を考えると、あっけないほどの短時間で治療は終わってしまいますが、長時間パソコンに向かうことも多いことから、腰や首周りの不快感の多い取材陣も治療後にはかなりそれらが改善されてびっくりしてしまいました。
 ただし治療があっけないと思えるのは素人考えというもので、カイロプラクティック独特の治療とは先生のホームページによると、「カイロプラクティックにおける治療とは、脊椎サブラクセーションをアジャストメントと呼ばれる手技によって矯正することのみです。 そのアジャストメントによって脊柱の不整列は矯正され、可動性を回復し、神経圧迫が取り除かれることで、体が持つ自然治癒能力(恒常性)がその働きを発揮することが出来るようになるのです。」ということです。



 「写真をみて怖そうなイメージと勘違いされることも多い」と笑いながら話してくれた松下先生ですが、実際にお会いすると礼儀正しくにこやかで、まさに紳士といったイメージがぴったりの先生でした。 お話しをお伺いしているとそれもそのはず、松下先生は武士の家系の出身で、日本ではすでに鍼師、灸師、柔道整復師などの免許をお持ちになって活躍されていたのにも関わらず、さらなる向上心からカイロプラクティックで有名なパーマー・カイロプラクティック大学を卒業し、その道を極めるまでは・・・という覚悟でアメリカへ来られたのだとか。 カイロプラクティックの取材でお伺いしたのにも関わらず、先生のお人柄と熱い夢に思わず惹きつけられてしまった取材陣でした。 

 みなさんも薬に頼った治療とは別に、日頃からの健康維持のため先生の所へ一度相談に行かれてみてはいかがでしょうか?

ACE CHIROPRACTIC CLINIC
505 E. Golf Road Unit G, Arlington Heights, IL 60005
Tel: 847-290-9226

松下 順彦 (まつした まさひこ)
Dr. Masahiko Matsushita, D.C., L.C.P. (Hon.)

ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.