「万葉と風」展
ファインアーツ・ビルディング・ギャラリーで開催中の「万葉と風」展には実現まで4年を要している。 2002年、シカゴでは最初の「万葉」展が日本領事館内の日本文化センターで行われた。 これは鈴木靖将の日本がと鈴木晴嵐の陶芸を通して万葉集を世界に知ってもらう趣で組まれた国際巡回展の一環だった。
この時オープニングレセプションで鈴木靖将の通訳を依頼されたのが斉藤博子(シカゴ美術館付属美術大学助手)、万葉集への感心から鈴木靖将と友情を育んだのがジョン・ブカチェク(商業・法律・技術系和英翻訳サービス社長)である。
2004年、鈴木夫妻は、より本格的な環境で展覧会を開くべくシカゴに下見に訪れた。調査と面接を重ねた結果、最終的に決定したのがファインアーツ・ビルディング・ギャラリーだった。同画廊は、芸術家達が自ら運営する市内でも数少ない会員制ギャラリーである。この際、会員として長らく画廊を支えてきたキャスリーン・キング(ロヨラ大学客員教授)が鈴木夫妻の展覧会の構成を任された。
その後2年にわたりブカチェクは鈴木夫妻と頻繁に連絡を取りながら、選ばれた万葉集に分かりやすい英語訳をつけるよう取り組み、キングは画廊の構成を整え、斉藤は日米の画廊システムの違いを説明しつつ各人の意思の疎通を助けた。

「万葉と風」は4年間の努力が結実したものである。

(文責:斉藤博子、撮影:藤河信喜)

「写真」
左から
斉藤博子、キャスリーン・キング、ジョン・ブカチェク、鈴木晴嵐、鈴木靖将



●English
“Manyo and the Wind” at the Fine Arts Building Gallery was realized four years after the “Manyo” exhibitions was first held at the Japan Information Center, Consulate General of Japan at Chicago, in 2002. This was a part of the traveling International exhibitions to Introduce the world of “Manyo-syu” through Yasumasa Suzuki’s Japanese-style paintings and Selran Suzuki’s ceramic sculptures.
At the Chicago reception in 2002, the assigned interpreter for Yasumasa Suzuki was Hiroko Saito (Associate for International Relations, the School of the Art Institute of Chicago). By bonds of the common Interests in “Manyousyu,” Suzuki built friendship with John Bukacek (President, Japanese Business Legal & Technical Translation and Interpretation Services).
In 2004, the Suzuki’s revisited Chicago to plan their next “Manyo” show under a more professional environment. Followed by serious search and conferences, the venue was finalized at the Fine Arts Building Gallery (FABG) and Kathleen King (Adjunct Professor, Loyola University) was appointed to organize the Suzuki’s exhibition. The FABG is one of a few artist-operated galleries in town, and King has supported the gallery as an active artist member.

Over two years, Bukacek has closely corresponded with the Suzuki’s while giving his English translations to the selected Manyo poems: King has facilitated the gallery’s organizations and Saito smoothened the Internal communications by interpreting differences of gallery systems between the United States and Japan

“Manyo and the Wind” is a dream finally came through after four years of cooperative endeavors.

(Text by Hiroko Saito, Photo by Nobuyoshi Fujikawa)

[Photo]
From Left,
Hiroko Saito, Kathleen King, John Bukacek, Seiran Suzuki and Yasumasa Suzuki


鈴木靖将
1944 滋賀県大津市に生まれる
1969 第23回新制作協会展に初入選
1996 東京銀座ロイヤル美術館 「万葉 鈴木靖将展」
2000 万葉 鈴木靖将・晴嵐展 (フランス/パリユネスコ本部ギャラリー)
2002 ニューヨーク国連本部 シカゴ 日本国在シカゴ総領事館

鈴木晴嵐
1950 京都市に生まれる
1972 京展初入選 (78年、80年市長賞、86年審査員)
2000 万葉 鈴木靖将・晴嵐展 (フランス/パリユネスコ本部ギャラリー)

2002 ニューヨーク国連本部 シカゴ 日本国在シカゴ総領事館

ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.