日本航空(JAL)はグループ全体の売上高が世界第3位という航空グループであるが、その巨大なグループ規模からは想像がつかないほど小さくて細やかな所にまで行き届いたサービスが知られている。今回はそのJALのビジネスクラスに乗って、オヘア空港(シカゴ)から成田空港まで飛んでみた。

 アトランタ空港と並んで世界で一番忙しい空港とされるオヘア空港。巨大空港だけに空港内も広大で、4つに分かれた各ターミナルはモノレールで移動することになる。ちなみに今回のようにオヘア空港から成田空港へJALで飛ぶ場合には、ターミナルの5番でモノレールを降りて、エスカレーターで1階上がったところすぐにあるJALの窓口へ向かうことになる。(JALウェッブサイト
 なにしろ私などは長年アメリカに住んでいながらもいまだに「英語よりはできることならば日本語で・・・」という気
持ちの強い人間なのだが、このJALの窓 口には親切な日本人受付に加えて、日本語を理解してくれるアメリカ人スタッフもいるから心強い。

 ここでチェックインを済ませ、受託手荷物を預けたら、そのままセキュリティーへ向かう。別にターミナル内で搭乗時間が近くなるまで時間を潰してもよいのだが、ここオヘア空港のターミナル5にはそれほどお土産屋や飲食店があるわけではない。もちろん簡単な軽食や雑誌などは購入できるのだが、やはり待ち時間が長い時などは時間を持て余すことになる。それにちょっと早めにセキュリティーを越えておけば、搭乗時間直前の混雑を避けることもできる。

 オヘア空港から成田へ発つJAL便の場合には、セキュリティーを越えるとすぐに搭乗口があるのだが、ビジネスクラスに搭乗する乗客の場合には、ここで搭乗前までゆったりと和の落ち着いた時間を過ごせるサクララウンジが、セキュリティーを出てすぐ右へ曲がったところに用意されている。ビジネスクラスを利用する場合なら、このサクララウンジを利用しない手はないというもの。ちょっと早めに手続きを済ませ、サクララウンジ内に用意された炊き立てのご飯で日本人シェフが作ったおにぎり
にビールを片手にソファに腰掛けてテレビを眺めるもよし、無線LANもセットアップされた室内で出発前のメールチェックやネットでの作業も可能というわけである。

 さて出発前にサクララウンジで落ち着いた時間を過ごしたら、機内ではJALビジネスクラスならではの快適シェル・フラットシートと、広々とした足場スペースが待っている。各シートごとに簡易プライベートが確保されたシェルタイプのシートには、長時間のフライトでも快適な座り心地を確保できる微調整シートコントロールボタンが付属し、「ダイニングポジション」、「アップライトポジション」、「ベッドポジション」など思い思いのシートポジションをセットできる。適度にソフトで、適度に張りを保ったシートは、そのゆ
ったりとしたシートスペースと伴って、読書や食事はもちろん、備え付けのビデオモニターでの映画鑑賞やパソコン用電源を使用しての作業などでも快適な時間を約束してくれる。

 そしてJALの空の楽しみといえば、もちろん忘れてはいけないのが日本人シェフが監修した機内食とは思えないような本格的日本食やワイン・日本酒などの食事の時間。詳しくは、続いて紹介するビジネスクラス機内食編を見ていただければと思うので、ここでは簡単に「この食事が空の旅の楽しみを何倍にもしてくれた」とだけ書いておく。この楽しみというのは、昔子供の頃に汽車に乗って遠くに出かける際に、車窓を眺めながら駅弁を食べた淡い思い出に繋がるものがある。

 おいしい食事を済ませ、就寝前の読書で落ち着いたら、大柄な人でも十分に足を伸ばしてほぼ横になれるベッドポジションにシートをセットして、ゆったりと仮眠を取る。もうこれだけでもJALのビジネスクラスを選択したことを満足させてくれるのだが、その満足度をさらに高めてくれるのがJALならではの完璧に訓練されたスチュワーデスのサービス。押し付けがましくなく、それでいて欲しいことにすぐ応えてくれるこの何気ないサービスが、アメリカの生活で慣れきってしまった大味なサービスに比べると新鮮でもあり、また一番うれしくもある。空の旅といえば機材の整備度や離着陸時のスムーズなパイロットの訓練度なども乗客としては気になるところだが、こういった美しく訓練されたスチュワーデスのホスピタリティーが、空の旅での安心感と満足感を大きく高めてくれる。これら全てが高いレベルで実現されているからこそJALの空の旅というのは、長年多くのファンを魅了し続けているのだろう。あっ、ちなみにJAL
のスチュワーデスの方々は、訓練だけではなく本当に美しい人が多い。これはやはり業務に忠実にプロフェッショナル振りを発揮しているからだけではないからだと思うのは、私が男性だからだろうか・・・。

*2009年4月からのビジネスクラス食事メニューについてはこちらから


*サクララウンジ

オヘア空港

サクララウンジ入り口

サクララウンジ室内

炊きたて日本米おにぎり

明るい笑顔で迎えてくれる

羽田空港

サクララウンジ入り口

空港を眺めながらの生ビール

成田空港

サクララウンジ入り口

明るい日が差す室内風景

ワインやビールをはじめ各種ドリンクも豊富

出国前に和を感じるひと時

                                             
文・写真/藤河 信喜

ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.