Eddie Vaan Shaw Jr.:ブルースに賭ける情熱

 シカゴと言えば、ブルース。 夏の一大イベント、シカゴブルースフェスティバルが今年もグラントパークで大々的に行われました。 今年で24回目になるこのイベント。 Koko Taylor, Bobby Rush, Billy Branch, Irma Thomas等々、今年もブルース界の大物達が、熱く聴かせてくれました。

 そして今回、U.S.新聞のインタビューで熱く語ってくれたのが、有名ブルースギタリスト、Eddie Vaan Shaw Jr.氏。 父親も有名なブルースミュージシャンで、その下でブルースと共に育ち、ブルースギターを11歳から始めました。 現在はソロ活動以外にも”Eddie Shaw and the Wolf Gang”というバンドで親子共に演奏しています。 シカゴでもいくつかのブルースバーなどで定期的にライブを行っています。

以下インタビュー(ブルースフェスティバルで)

“どのようにしてブルースを始めましたか?お父さんの影響で?”

 元々は父親がオリジナルのブルースを始めたんだ。その影響もあるけれど、今は違ったスタイルで演奏もしている。ミシシッピ、シカゴでブルースと共に育ってきて、今、ブルースは私の全てだよ。

“お父さんからは何を学びましたか?困難はありましたか?”

 彼がリーダーとしてまとめるバンドでは、お互いに刺激し合い、お互いに学んでいる。 お互いに強い意見を持っているから、たまに難しい時もあるけど、大体考えていることが分かるから、いい関係が築けているよ。

“今までどこで演奏してきましたか?”

 こないだロシアから帰ってきたばかりで、その前はスウェーデン、ドイツ、イタリアにフランスを廻ってきた。 この先は、チリやポーランドなどでいくつかのフェスティバルに出演するつもりだし、誰かが呼んでくれればどこへでも行くよ。

“今まで、一番楽しかったライブはどこでですか?”

  一概には言えないな。全ての聴衆は違うし、どこでも違ったバイブがある。ただお互いにいい時間を楽しめれば、それでいい。

“この先どこで演奏したいですか?”

 明日行く所で、最高の演奏をしたい。つまり、どこだっていいんだ。誰かが呼んでくれるなら、喜んで行って、楽しんで演奏するよ。

“この先のプランはありますか?”

世界中の人にブルースのソウルを届けたいね。 最近はYouTubeにもライブビデオを載せているから、もっといろんな人が楽しめると思うよ。

シカゴでも定期的にライブをしているから、ぜひそこで生のブルースに触れて欲しい。

                                文・写真: 関谷 萌


演奏スケジュール:

Buddy Guy's Legends
754 S. Wabash
Chicago, IL 60605
312-427-0333

Kingston Mines
2548 N. Halsted
Chicago, IL 60614
773-477-4646

ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.