2012年 第48回シカゴ国際映画祭 注目の日本映画4本

 第48回シカゴ国際映画祭が10月11日に開幕、25日まで開催される。同映画祭は1964年に創設され、国際コンペティション(審査)部門を持つ映画祭として北アメリカで最も古い歴史を持つ。2週間にわたり上映される作品はシカゴで初公開となるものばかりで、毎年5万人以上が劇場を訪れる。

 今年は55カ国から厳選された175本を一つの劇場で上映。日本関連の作品はドラマ4本が10月13日から23日にかけて公開される。『苦役列車』と『夢売るふたり』は芸術性の高い映像を紹介するワールド・シネマ部門で上映、『希望の国』と『ライク・サムワン・イン・ラブ』は国際コンペティション部門で世界各国の秀作とゴールド・ヒューゴー賞(金賞)を競う。



◎料金
一作につき 一般 $14、シニア・学生・映画祭会員 $11
マチネ(平日午後5時前の上映)$5

チケットマスター 312-902-1500
http://www.ticketmaster.com
シカゴ国際映画祭 312 - 332 - 3456
http://www.chicagofilmfestival.com

◎会場
AMC River East 21
322 East Illinois Street, Chicago, IL 60610

◎上映スケジュール (すべて英語字幕つき)

『希望の国』The Land of Hope
監督:園子温 Sion Sono(2012年、133分)
公式サイト:http://www.kibounokuni.jp

 園子温は『愛のむきだし』(2008) 、『冷たい熱帯魚』(2011) で実際に起きた事件をもとに、人間の本質を時にグロテスクに描いてきた。
 本作の舞台は近未来の日本、ナガシマ県という架空の場所。東日本大震災から数年後に、またも地震による原発事故が発生。避難区域外に住んでいるものの、酪農家・小野夫妻(夏八木勲と大谷直子)の生活は一変してしまう。目に見えない敵と戦う毎日に希望は生まれるのか。

10月13日(土)4: 30 PM
10月14日(日)4: 30 PM

『ライク・サムワン・イン・ラブ』Like Someone in Love
監督:アッバス・キアロスタミ Abbas Kiarostami(2012年、109分)
公式サイト:http://www.likesomeoneinlove.jp

 アッバス・キアロスタミは中東の映画大国イランを代表する監督のひとり。小津安二郎に影響を受けており、『桜桃の味』(1997) でカンヌ映画祭パルム・ドールを受賞している。東京と神奈川で撮影された本作は全て日本語。
 女子大生アキコ(高梨臨)は婚約者ノリアキ(加瀬亮)に秘密でデートクラブで働いている。アキコの客で84歳のタカシ(奥野匡)がノリアキに遭遇したことから静かに展開する愛の物語。

10月13日(土)5: 00 PM
10月16日(火)8: 30 PM

『苦役列車』The Drudgery Train
監督:山下敦弘 Nobuhiro Yamashita(2012年、113分)
公式サイト:http://www.kueki.jp

 原作は西村賢太による自伝的な同名小説 (2010年に芥川賞を受賞)。コミカルな表現で定評ある山下敦弘が映像化し、日本では今年7月に公開された。元AKB48の前田敦子が出演したことも話題に。
 1980年代半ばの東京。19歳の北町(森山未來)は中学を出て以来4年間、日雇い労働で生活している。将来に希望が持てず酒と風俗に溺れる日々で、初めて尊敬できる人物・日下部(高良健吾)に出会う。

10月17日(水)3: 15 PM
10月20日(土)5: 45 PM
10月21日(日)12: 00 PM

『夢売るふたり』Dreams for Sale
監督:西川美和 Miwa Nishikawa(2012年、134分)
公式サイト:http://yumeuru.asmik-ace.co.jp

 自身が脚本を書き監督した『ゆれる』(2006)、『ディア・ドクター』(2009)で高く評価される女性監督・西川美和の最新作。現在、日本でロードショー公開中。
 板前の貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)は仲良く小料理屋を営み、店も繁盛していたが火事で全てを失った。店を少しでも早く再開させるために夫婦は結婚詐欺で資金を稼ぐことを考える。貫也が計画を実行に移し、貯金は増えるが夫婦の意外な面も明らかになっていく。

10月19日(金)3: 15 PM
10月22日(月)8: 00 PM
10月23日(火)8: 45 PM
 
(文責:斉藤博子 Text by Hiroko Saito )



ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.