フランク・ロイド・ライト邸とスタジオ
『 Free Summer Open House 無料公開!夏期オープンハウス』
7月15日 午後5時〜7時30分


無料 夏期オープンハウス  Free Summer Open House
(c) Frank Lloyd Wright Trust

 シカゴ市の西に隣接するオークパーク市は文豪アーネスト・ヘミングウェイ Ernest Hemingway (1899 - 1961) が生まれ育ち、建築家フランク・ロイド・ライト Frank Lloyd Wright (1867 - 1959) が活動基盤を築いた街だ。両者に関する施設は市内に多く、記念博物館も含めて観光名所になっている。

 一番人気は、同じ敷地にあるライトの邸宅とスタジオ (仕事場) だ。フランスのル・コルビュジエ Le Corbusier 、ドイツのルードヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ Ludwig Mies van der Rohe と共に20世紀の三大建築家の一人とされるライトは、プレーリー・スタイル Prairie Style を確立したことで有名。これは中西部のプレーリー (大草原) に調和すべく、低い屋根のラインや深い軒で水平性を強調したアメリカならではの建築様式で、内部は殆どドアがなく、空間の広さを活かす構造になっている。

 1889年から20年間、夫人と6人の子供達と過ごした邸宅とスタジオで、ライトは自身のコンセプトを試すために多くの改装を行った。日本では旧帝国ホテルの設計者として著名なライトは、浮世絵の収集家でもあり、邸宅の内部には日本文化の影響が随所に見られる。

フランク・ロイド・ライト邸 内観
Frank Lloyd Wright Home Interior
(c) Frank Lloyd Wright Trust

 現在の邸宅とスタジオは1909年の状態に復元したもので、フランク・ロイド・ライト財団が運営している。両方の内部は通常、同財団が行う有料の60分ツアーでのみ見学可能だ。(料金は一般 $17 、シニア・学生 $14 、子供3歳以下無料。)
 
 1974年に始まった一般公開ツアーから42周年を迎える2016年は、7月15日 (金) 午後5時から7時30分のみ邸宅、スタジオとも無料で公開され、20分の短縮ツアーが30分毎に実施される。前庭では工作教室が開かれ、飲物などが提供されるほか、等身大のライト人形と記念撮影もできる。予約の必要はないが混雑するため、屋外で20分以上待つ覚悟がいる。


◎フランク・ロイド・ライト財団
 『無料 夏期オープンハウス』
2016年7月15日(金)午後5時〜7時30分
注)予約の必要なし。20分ツアーは英語のみ。
Frank Lloyd Wright Trust
"Free Summer Open House"
http://flwright.org/programs/summeropenhouse    

◎フランク・ロイド・ライト邸とスタジオ 
Frank Lloyd Wright Home and Studio
951 Chicago Avenue
Oak Park, IL 60302
(708) 848 - 1976
http://cal.flwright.org/tours/homeandstudio



              (文責:斉藤博子 Text by Hiroko Saito )

ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.