これぞアメリカの独立記念日! 7月4日はシカゴ歴史博物館で
57年目を迎えた祝典の後は無料で館内へ


『7月4日祝典 Fourth of July Celebration 』
(c) Chicago History Museum

 リンカーン・パークの南側にあるシカゴ歴史博物館はシカゴ市内で一番アメリカらしい独立記念日が祝える場所だ。毎年7月4日、博物館前の広場で午前10時からアメリカ国歌斉唱とコンサート、10時45分からアンクル・サムと子供達のパレード、11時からは米国独立宣言の朗読が行われる。これらの行事は無料で、祝典の終了後は正午から16時30分までイリノイ州在住者であれば博物館に無料で入場できる。(入館には免許証など身分証明書が必要。)

 今年で57回目を迎える同イベントは広く宣伝されていないが人気があり、午前9時を過ぎる頃から折りたたみの椅子を持参した人々が良い場所を取るために博物館前に集まり始める。毎年、異なるゲストが国歌を独唱し、スピーチを行う。1776年の独立当時の扮装をした人達が登場したり、ベンジャミン・フランクリンやエイブラハム・リンカーンなど歴史上の人物に扮した俳優が独立宣言を朗読したこともあった。身長3mのアンクル・サムが先頭に立ち、飛び入り参加の子供達と広場を歩くパレードは今年も変わらない。

 今回は博物館で開かれている特別展『リンカーンの不滅の言葉 Lincoln's Undying Words 』(2017年2月20日まで) を企画したオリビア・マホニー Olivia Mahoney 学芸員が独立宣言を読み上げる。日系二世のみで結成されたアメリカ退役軍人会ニセイ・ポスト1183部隊 American Legion Nisei Post #1183 が星条旗を掲げるのも見所だ。
 1856年に創立したシカゴ歴史博物館には1000点以上の展示物があり、蒸気機関車『パイオニア号 Pioneer 』 (1848年) 、シカゴ初の市電『CTA 1』(1893年) 、リンカーン大統領がワシントンDCの劇場で狙撃されて亡くなった時のベッド (1865年) などが特に知られている。
 
 『リンカーンが亡くなったベッド The Bed in Which Lincoln Died 』 (1865年) (c) Chicago History Museum

『CTA 1 とパイオニア号 CTA 1 and Pioneer 』
(c) Chicago History Museum

『シカゴ歴史博物館 第57回7月4日祝典』
Chicago History Museum: 57th Annual Fourth of July Celebration
1601 N. Clark Street, Chicago, IL 60614
(312) 642 - 4600
http://chicagohistory.org
7月4日(月) 10 am 〜 noon
入場無料
http://chicagohistory.org/planavisit/upcomingevents/special-events/special-events/#fourthofjuly

『リンカーンの不滅の言葉 Lincoln's Undying Words 』
(2017年2月20日まで)
http://lincolnsundyingwords.com



             (文責:斉藤博子 Text by Hiroko Saito)



ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.