よりこさんの海外子育て事情ひとりごち



著者略歴 唐よりこ

1997年よりイリノイ州に在住。

シカゴで大学院在学中に中国人の旦那様と結婚。卒業後、シカゴ郊外にある日系企業に就職。2005年に退職後、2歳になる息子を連れて中国語学留学を経て現在に至る好き勝手な事をやってる主婦。


バックナンバー
                  怖いハロウィン


 
シカゴで冬の気配が感じられる様になってきたら、ハロウィーンが身近に迫ってきたという証拠。毎年何気なくパーティーやイベントに参加してますが、ちゃんとした由来をご存知の方は少ないのではないでしょうか?

 興味のある方はhttp://gogen-allguide.com/ha/halloween.htmlを読んでみて下さい。



 最近では、日本や中国でもハロウィングッズを販売している店や、パーティなどをしている人も増えているようですが、ハロウィンと言えばやっぱりアメリカの行事。この時期になると、町もパンプキンや怖い?!ゴースト達でデコレーションされ、町中お祭りムードに。

 ハロウィーンに当たる日の週末には、子供達が大好きなTreat(お菓子)を求めて近所の家を”Trick or Treat(お菓子をくれないといたずらするぞ)”とそれぞれのコスチュームを着て回ります。ショッピングモールなどのお店でもいろいろな物(シール、鉛筆)などをもらえたりして子供達は大満足。シカゴでもハロウィンにちなんでいろいろなイベントが盛りだくさん。

 子供が生まれる前まで私にとってのハロウィーンとは“コスチュームを着てパーティーできる日”。“今年は何にしようかなぁー”とコスチュームを考えて数週間前からうきうきしていたものです。が、息子が生まれてかというもの、プライオリティーが変更。

 ハロウィーンと言えば“息子のコスチューム”。他のお母さん方と肩を並べていろいろ物色。去年はあれこれ悩みすぎて、結局ハロウィン数日前になってもコスチュームが調達できていない状態に、、、、

 慌ててオンラインでオーダーし、ぎりぎり間に合ったという苦い経験があるので、今年は早くから準備を始めました。だけど普段お裁縫などしたことない私が“今年は手作りよ”と友達に手伝ってもらって作り始めたのはいいのですが、ハロウィン目前にしてまだ出来上がりのめどがたたず、、、どうなる事やら。



 コスチュームも然る事ながら、ハロウィンに配るお菓子もかなりの悩みどころ。毎年、大量にいろいろ買い込むのですが、必ずと言っていいほどに残るんです。しかも去年からは、自分も子供を連れて”Trick or Treat”に出かけているもんだからさらに残り物が倍増。

 だけど、子供が小さいのであんまり甘いお菓子はあげたくないし、旦那様はあまり甘いものは好きではない。。。となると行き所は一つ、私。

 毎年、もったいないと言っては自分でぽりぽり食べつづけ、その後深く後悔。

 ハロウィン、楽しみだけど怖いんです。


ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.