SHOKOのシカゴ郊外の町から


著者略歴 長野尚子

イリノイ州在住フリーライター。
2001年、大手出版社の制作ディレクターを退職後、単身アメリカへ留学。
その後帰国し子育て関連誌の編集者を経て、結婚を機に 2006年3月より再びカリフォルニア州バークレー市へ。
主に教育・子育て、国際文化交流をテーマに人脈を広げながら執筆活動中。
2007年10月より、研究者である夫の仕事の関係でシカゴ郊外に移る。
趣味・特技はJazz(ピアノ&ヴォーカル)、剣道(四段)。好きなことは食べることと飲むこと。
バークレーでの3年間の留学生活を綴った「たのもう、アメリカ。」(近代文芸社)発売中。


バックナンバー
       アメリカで野外イベントを楽しむ法


 シカゴに待ちに待った夏の到来を告げる「シカゴ・ブルース・フェスティバル」が、今年も大盛況のうちに4日間の幕を閉じました(6月5日〜8日)。オオトリのステージをつとめたご存知"キング・オブ・ブルース"B.B.KING、地元シカゴで活躍する"ブルースの女王"ココ・テイラー、彼女のバンドの専属ギタリストでもある日本人ブルースギタリスト、SHUNこと菊田俊介、ジョニー・ウィンター、ジェームス・コットン、オーティス・クレイ、ジミー・ジョンソン、ロニー・ブルックス、シュガーパイ・デサント・・・などブルースファンにはたまらない顔ぶれに、連日真夏の蒸し暑さとなるなか会場は例年以上の熱気に包まれました。


シカゴ・ジャズ・フェスティバル(2006)
 これを見ずしてシカゴ住民と言うなかれ、もちろん私も連日のように郊外からせっせと会場に通い、文字通りブルース漬けの日々を送りました。新緑まぶしいGrant Parkの芝に座り、ミシガンからのそよ風を体いっぱいに受けながら聴くブルースは格別。昼間から飲むビールもまた格別。ふと後ろを振り返るとそこはシカゴの摩天楼がそびえ立ち、昼と夜で全く違った顔を見せてくれる・・「これぞシカゴ」と実感させてくれる、贅沢なひとときでした。

このブルース・フェスのように、この季節無料の野外イベントが各地で盛んに行われます。

 中には、もしこれが日本だったら軽く1万円はするだろうというようなイベントもあり、アメリカのその"太っ腹"には感謝、感謝、また感謝。それに、アメリカ人はとってもイベント上手。主催するほうも見るほうも、ルールを気持ちよく守って整然としているなぁといつも感心させられます。私も今までアメリカ各地でさまざまな野外イベントを数多く経験してきましたが、そのたびに、アメリカ人の"老若男女・人種を超えた素朴な一体感"に触れ、2倍も3倍も楽しむことができました。それもこれも、このような無料イベントが市民になければならない文化のひとつとしてアメリカに長く深く根付いているからでしょう。
 
 さて、そんなアメリカでの無料野外イベントをうまく楽しむには??今回は、私の経験から得たちょっとしたコツをお話したいと思います。

その1.譲り合いの精神で
日本で野外ライブにいくとよく見かけるのが、自分たちの場所だけをさっさと囲ってしまう光景。でも、アメリカではこういうせこい行為は最も嫌われます。スペースの限られた野外イベントだからこそ、隣近所の人たちとスペースを譲り合い共に楽しむことを心がけましょう。

その2.準備は周到に
フリー・アドミッションの芝生席などでは、レジャーシート(乾いたところではござ、雨上がりなどの湿った場所ではビニール製のもの)やローチェアがあると便利。このローチェア、アメリカではごくシンプルなものから、日よけや足置きまでついたゴージャスなものまで色々なタイプのものが売られているので、シーズンを通して使える、持ち運びが簡単なお気に入りのものを手に入れておくと便利です。(アメリカでの思い出に、日本に買って帰るのも手)

その3. 脱水症状&虫対策
真夏の野外イベント、それも一日中となるとそれなりの準備が必要です。飲料水は必ず持っていきましょう。また、暑いからと傘をさすことはイベントや場所によって禁じられているので、炎天下ではつばの広い帽子やタオル、サングラス、日焼け止めをお忘れなく。さらに、虫さされ対策に虫除けスプレーやかゆみ止めがあれば安心です。服装も多少汚れても気にならないようなラフで動きやすい通気性のあるものを選びましょう。

その4.ミュージシャンとお近づきになろう
野外ライブのいいところは、よほど大がかりなステージでないかぎりミュージシャンを生でより間近に見られること。演奏後にCDの販売なども行われるので、このチャンスを逃さずCDを買ってサインしてもらう、一緒に写真をお願いしてみる、ついでにいろいろお話してみましょう。ミュージシャンとの距離が近いのも、アメリカのいいところです。


その5.心に余裕をもって
アメリカ人はおおらかでおおざっぱ。多少のアクシデントやハプニングをイベントもろとも楽しんでしまう茶目っ気と余裕があります。

「ロシアンリバー・ブルース・フェスティバル」(カリフォルニア/2007年)

日本人のように何でもきっちりと計画通りにことを進めようとしても、かえってストレスになるだけ。雨が降ろうが遅れようが、焦らず怒らず対応する余裕を持ちましょう。
また、そで振り合うも他生の縁。せっかく同じ時間をすごすことになったお隣さんと、「どこから来たの?」「enjoy!」などと声をかけ合ってお友達になってしまいましょう。


アカペラでロックを聞かせてくれる"AcROCK"のショーに親も子も狂喜乱舞(6/11 Warrenville にて/courtesy of Ac?Rock)
その6.子どもも一緒に"参加"しよう
子連れを気にする人もいますが、野外のイベントこそ子どもが大いに楽しめる場所。普段はなじみのない、JazzやBluesやRockを身近に聴けるチャンスです。それでも他の人に気を遣ってしまうようなら、ステージの後方でゆったり場所をとって子どもを自由に遊ばせてあげるとストレスになりません。そして、「恥ずかしい」などという気持ちは捨てましょう!いいパフォーマンスには心からの賞賛の拍手や声援を、そして一緒に歌い踊り思い切り体を動かしましょう。同じあほなら踊らなソンソン、歌わなソンソン!!

その7.イベントの成り立ちを調べてみよう
せっかく参加するなら、そのイベントの歴史や創設者、さらにどんな人たちが参加・協力しているかなど背景をいろいろ調べてみましょう。インターネットサイト、またはイベント会場では必ずパンフレットやbrochureが配られていますので情報は簡単に手に入ります。内容を知っておくと、より一層イベントが身近に感じられますよ。

 ブルース・フェスに行きそびれてしまったあなた!まだまだチャンスはあります。これからの季節はまさに野外イベント花盛り。シカゴ市内や近郊の町では毎週のように多様なイベントが開催されています。(下記を参照ください)シカゴの夏の思い出を作りに、ご家族と、親しいお友だちと出かけてみましょう。どこかできっと、お会いできるかもしれませんね!!

*これから楽しめる、シカゴ野外イベント情報
・RAVINIA FESTIVAL'S 2008
超一流のミュージシャンの演奏が$10から。要チェック!
Highland Parkにて。5月31日から9月14日まで毎日。
http://www.ravinia.org/

・TASTE OF CHICAGO(Grant Parkにて)
 6月27日〜7月6日

・JAZZ FEST GLEN ELLYN (Glen Ellyn)
7月12日(土)2時〜9時。入場無料。
http://www.cod.edu/ArtsCntr/08_jazzfest.htm

・BLUES ON THE FOX(Downtown Aurora)
7月13日〜14日

・ 30Th ANNUAL CHICAGO JAZZ FESTIVAL(Grant Park)
8月29 〜31日。

*シカゴのイベント情報サイト
http://www.chicagofests.com/
* 郊外のイベント情報サイト
http://chicago.metromix.com/events/article/chicago-suburbs-festival-guide/401724/content


      
                             バックナンバー


ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.