SHOKOのシカゴ郊外の町から


著者略歴 長野尚子

イリノイ州在住フリーライター。
2001年、大手出版社の制作ディレクターを退職後、単身アメリカへ留学。
その後帰国し子育て関連誌の編集者を経て、結婚を機に 2006年3月より再びカリフォルニア州バークレー市へ。
主に教育・子育て、国際文化交流をテーマに人脈を広げながら執筆活動中。
2007年10月より、研究者である夫の仕事の関係でシカゴ郊外に移る。
趣味・特技はJazz(ピアノ&ヴォーカル)、剣道(四段)。好きなことは食べることと飲むこと。
バークレーでの3年間の留学生活を綴った「たのもう、アメリカ。」(近代文芸社)発売中。


バックナンバー
             東 日 本 大 震 災 復 興 写 真 展
      「Moving Forward: Life After the Great East Japan Earthquake」



未来へ向かって一歩ずつ前へ進む人々の姿がここに

 住む場所も、財産も、大切な想い出までも一瞬にして失った人々の慟哭が世界中にこだましたあの日-- 3/11 東日本大震災から間もなく 1 年を迎えようとしている。いまなお不安な生活を強いられながらも希望を失わずにひたむきに前へと進んでいる人々の姿は、海外で暮らす私たちの胸を熱くさせ日本人としての誇りさえ感じさせてくれる。このような被災地の現状を伝え、復興支援の一助にしようと企画された巡回写真展「東日本大震災復興写真展〜Moving Forward: Life After the Great East Japan Earthquake」が、1 月 15 日からシカゴで開催されている(2 月 7 日まで)。

 アメリカでの当写真展開催は、昨年 11 月に大きな反響を呼んだワシントン DC に次いで、シカゴが2 都市目。会場となっているのは、シカゴでも有名な建造物のひとつでもある、シカゴ大学ロックフェラー・チャペル。荘厳なチャペルの中に一歩足を踏み入れると、正面祭壇前の左右に広がった空間に40数枚に及ぶ写真パネルが“Surviving(生き延びる)”、“Helping One Another(助け合う)”、“Standing Tall(立ち上がる)”、“Then and Now(前後)”、“To the Future(未来へ)”という5つのテーマごとに展示されている。

 すべての展示は英語・日本語両方で解説されており、メインパネルには以下のような言葉が。「本展は、被災地東北の新聞社である河北通信社の記者とカメラマンが取材した、震災発生からこれまでの被害状況や復興に向けた動き、困難を乗り越えようと一歩ずつ前へ進む人々の姿を、記事と写真パネル、記事朗読などのコンテンツにまとめました。米国民の皆様にご覧いただき、被災地の復興に向けて変わらぬ支援をいただければ幸いです。」

 1 月 18 日に行われたオープニングレセプションでは、岡村善文在シカゴ日本国総領事、Michael K. Bourdaghs 氏(Associate Professor in Modern Japanese Literature/East Asian Languages & Civilization)、仙台市出身の建築家・阿部仁史氏 (Director, UCLA Paul I. and Hisako Terasaki Center for Japanese Studies)が挨拶に立ち、震災当時の生々しい記憶や、未曾有の困難に立ち向かう被災地の人々へ向けてのメッセージ、そして震災後ただちに災害救助・救援の軍(“トモダチ作戦”)を派遣してくれたアメリカ政府と多額の義援金を寄せてくれたアメリカの人々に対する感謝の意が述べられた。


 世界で大きな震災がおこるたびに、直後の映像だけがセンセーショナルに流れるが時間とともにその後の情報は何も伝わってこないのが常。しかし、「その後」を見続けることこそが本当の支援ではないだろうか。遠く離れていてもできる支援、それはまず「震災を忘れないこと」。そして被災地の“今”を正しく理解し、忘れ去られないよう私たちの手で周りに伝えていくことだ。「一番重要なのは未来に向けて“人の生活を復興させること”です。そのための横断したメカニズムを築き、被災地が連携しながら将来図を作る、これが大切なんです」(阿部氏)。

 この写真展によって少しでも多くの人たちに被災地の現状を理解してもらうことが、復興への大切な一歩になるはず。シカゴ近郊にお住まいの方、シカゴに訪れる機会のある方は、是非この美しいチャペルに足を運んでもらいたい。


■東日本大震災復興写真展「Moving Forward: Life After the Great East Japan
Earthquake」
・日時: 1月 15 日 〜 2 月 7 日。
9:00am - 4:30pm(月曜〜金曜)
・場所: 5835 S. Kimbark Ave. Judd Hall 302 Chicago, IL. 60637
※詳細は以下をご覧ください。
http://ceas.uchicago.edu/events/east_japan_earthquake_exh.shtml


                      バックナンバー


ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.