サリーのシカゴ見聞録 



著者略歴 サリー

 はじめまして。サリーと申します。シカゴに引っ越して2年、2歳児を抱えて日々生活にあえいでいるまもなく三十路を迎える主婦です。シカゴ市内南部より日々思ったことなどを気楽に読んでいただけるタッチで書いていけたらと思うのでよろしくお願いします。



バックナンバー

              武道って面白い!!

 あっという間に一日が過ぎてしまう今日この頃。このページの記事も一月に一度は更新をと思いながら、目標を達成できていない私。 今日は心を入れ替えて、よーし、書くぞーと気合を入れてみた。 お友達が少林寺拳法のお教室をハイドパークで始めたので、ちょっと覗きに行ってきた。 といっても、普段クラスを開いているところではなく、ある大学の関係者家族向けに開かれたプチレッスンなんだけど、結構おもしろかった。 

 アメリカで子どもに少林寺拳法を教えるって、どうやるんだろうと思ってたんだけど、最初は簡単なゲームから始まって、気持ちをリラックスさせつつ、でも、そのゲームの中にも練習が含まれてたりして、しかも、礼儀作法まで身に付く感じで、かなり関心してしまった。

 今回は、3歳から5歳の子が対象だったんだけど、まずは挨拶からってことで、自己紹介のあと、手を合掌のポーズにして挨拶の仕方を練習。 このとき、頭は下げないのが特徴らしい。 対等な立場として相手と向かい合うのだから、目を見て「おねがいします」というようにと教えてた。 対等な関係って、かなり難しいと思うんだけど、まず、相手と向き合うことから全ては始まるのねって、やけに納得してしまった。

 家はここでは外国人で、留学生の家族って立場なんだけど、夫の学校の場合、博士課程の生徒の半数近くが留学生だから(学校がそういうポリシーを持っているらしい)留学生だからといって、特に何といって待遇されることもない。 例えば、大先輩のご家族から聞いた話しでは、彼らご一家が留学中は、アメリカ人の教授や、親切な人々が食事に招待してくれたり、どこかに見物に連れて行ってくれたり、困ったことがあったら何でもいってちょうだいなんて勢いでお世話してくれて、本当に助かったなんてことを聞いていたんだけど、私たちにはこういう経験がほとんどないし、学生の奥さん同士では助け合ってるけど、学校関係者ではこういういわゆるお世話好きな方々にまだ出会っていない。

 もっとすぐにアメリカ人の友達ができると思っていた私は、けっこう落胆もしたもんだ。 だけど最近、やっとわかってきたきがする。 こないだ夫とこの話題になったときのこと、彼曰く、ウン十年前までは確かに、留学生って珍しかっただろうし、世話する側も「遠くからはるばる勉強にやってくるなんて大変ね。お世話してあげるわ」って感じだったんだろうけど、これって良く考えると相手を自分より下の存在に見ているってことだって言える。 つまり、もう、留学生だけど留学生じゃないっていうか、立場が対等になってきたのかなって感じがする。 なんてことを言っていた。

 特に、博士課程の場合、このままアメリカで就職をと考えてる人も多いわけで、つまり、ネイティブと対等に職を競い合って獲得するってこと。 留学生だからって親切にはしていられない。(もちろん、親切な方もいますよ)。

 しかーし、ここで問題が。 確かに、学生の方はネイティブの方々と対等にやっていけるよう努力が必要だし、またやっていけると思うけど、留学生家族ってのは、夫が留学するって言うからここにきたんであって、なかなかネイティブの方々と対等にママ友になれるかって言ったらなることができないのが現実。 まあ、これは、私の語学力不足もあるんだけど。 公園で子どもを遊ばせてても、なかなか他のお母さんたちとお話しすることができなかったりする。 話しかけられても微笑むしかできなかったり、自分から話しかけるなんてめったにしてこなかった気がする。 そんでもって、やっぱり目を見て話すのが苦手な私は、自分でも普段、誰かと話すとき、何処を見て話しているのかわからない。

 で、話をもとに戻すと、そんなわけで、今日の少林寺のクラスはちょっとした気持ちの変化を与えてくれた。 どうしても、英語が出来ないってことで引け目を感じて前にいけないんだけど、英語ができなくったって何だって、まず、相手の目を見て挨拶する。 きっと万国共通でここから相手との関係がスタートするんだと思う。 やっぱり道を教える武道はすごいね。と関心しながら帰路に着く私でした。

写真 バランスを取る体操を遊び感覚で教えるシカゴ支部のお二人



ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.