MASAさんの健康と医療関連トピック



著者略歴 
MASAこと、Dr.松下順彦DC,LCP


1962年、大阪生まれ、44歳。 職業は、カイロプラクティック医師。 明治東洋医学院卒: 鍼灸師免許、柔道整復師免許を所持。 大阪府枚方市で松下鍼灸整骨院を開業、10年以上の臨床経験 を持つ。

 パーマー大学卒: ドクター・オブ・カイロプラクティック学位 (DC)、カイロプラクティック哲学称号(LCP)を取得。
イリノイ州免許( Licensed Chiropractic Physician )を所持。

 2005年3月から、シカゴ郊外アーリントンハイツのACE CHIROPRACTIC CLINIC の院長。 脊柱解剖学II解剖実習参考書を著作、代替医療専門誌「医道の 日本」「マニピュレーション」「カイロタイムズ」に論文寄稿 。「カイロプラクティックのこころ」翻訳協力。「ジャングル 」「シカゴ新報」など日系紙に健康コラム執筆。 国際日本人DC倶楽部(IJDC)の会長として、正しいカイロプラ クティックの普及・啓蒙活動に精力を傾注している。

                第5回 背部痛の放置に注意


 現代人によく見られる病気や症状に「腰痛」があります。 成人の8割以上の人が、少なくとも1度は激しい腰痛を体験しています。 また、歩くことが減って筋力が低下している、コンピュータで仕事をして一日の大半を座っているなどの理由から、首・肩のコリや痛み、背中のダルさや痛み、そして腰痛などが増えています。 こういった慢性的な症状は、「我慢出来ない程ではない」などの理由で放置されているケースが多いのです。 しかし、それが重大な問題へと発展するリスクが高いことが判りました。

 今回は、「背部痛」の放置が如何に危険なことかを紹介致します。

慢性の背部痛が脳を萎縮

 2004年11月に神経科学ジャーナルという医学誌に発表された研究報告によると、「慢性の背部痛が脳を萎縮させる可能性がある」ということです。 

 研究によると健常者における老化による脳の萎縮が年間0.5%であるのに対して、慢性背部痛患者の場合は5〜11%も萎縮し、この慢性背部痛による甚大な脳の灰白質の萎縮は10〜20年の老化に相当するというものでした。 これは背部からの痛みの信号を慢性的に脳が受け続けることで脳に悪影響があり、結果として脳の一部が萎縮し、老化が10〜20倍早く進むということです。 我慢出来ない程の痛みではないから、又は、仕事が忙しいから、などの理由で首・肩・背・腰といった背部にある痛みを放置すれば、とんでもない結果が待っている可能性があるのです。

 最近では若年性アルツハイマー型認知症が注目されていますが、アルツハイマーでは脳が萎縮することが確認されています。 今回の研究では、アルツハイマーに見られる脳の萎縮と同じように、慢性的な背部痛の患者にも脳の萎縮が起こることを報告しています。 放置すれば背部痛だけでなく認知症も早期に発症するリスクが増すのです。

 また、オランダ国立公衆衛生環境研究所のGelder博士らが2004年に神経学という医学誌で発表した研究では、「高齢者が身体を活動的に保つことは脳活動も適正に保たれる事、運動の継続によって加齢による認知機能低下を抑える効果があるようだ」としています。 

 散歩、サイクリング、スポーツ、庭いじり、農作物栽培、その他の趣味などの身体を動かす活動の期間と程度に関する認知機能を測定した研究の結果、調査開始10年後に運動レベルが低下した男性では、同程度の運動レベルを調査中維持した男性と比較して、認知機能が3.6倍も多く低下したことが判りました。

 もし背部に痛みがあれば、筋骨格系に直接関与しますから生活習慣、特に運動に影響します。 運動に支障が生じると、生活の質が低下してしまいます。 そして、背部痛などがあり運動レベルが低下すると、認知機能などの脳活動も低下するのです。

 大阪大学医学部の中西範幸博士らが日本人男性約2,500人を対象に7年間研究して2005年1月に発表した研究結果は、「普段からほんの少し多く動くことが、実際に血圧に有効な可能性がある」というものでした。 

 特に中年男性は、日常を活動的に過ごせば高血圧が避けられる可能性がとても高くなるとしています。 これは、背部痛があって運動レベルが低下すれば、高血圧になる、または高血圧が悪化する可能性も高くなると言うこともできます。 

 我慢出来ない程ではないから、たかが背中の痛み位と軽く考えていると様々な身体の機能低下が促進されて老化が進み、新たな病気や症状の原因となるようです。 これらの研究から「背部痛を放置して慢性化させるのは健康上の重大な問題となりうる」ということが分かりました。

 では、どんな治療を受けると良いのでしょうか。

一般的な鎮痛剤で高血圧のリスクが上昇

 ハーバード大学のJohn P. Forman, MD, Ph.Dは、年齢34〜77歳の5,000例以上の正看護士に関する詳細な情報を収集した2件の調査に基づく研究により、「タイレノール、アドビル、アリーブなどの一般的な鎮痛薬が高血圧のリスクを上昇させる」と、医学誌Hypertensionの2005年9月号で報告しています。

 Forman博士は、「米国で最も多く使用されている二つの薬剤であるアセトアミノフェンとNSAIDsは、実質的に高血圧の疾患負荷(disease burden)に貢献している可能性がある。 この知見は女性が一般的な鎮痛薬を服用することについてもう一度よく考えるべきであることを意味している。 個人レベルでは、これらの薬剤は非常に慎重に使用すべきである」と述べています。 

 
つまり、痛みの原因を取り除かずに、痛みだけを市販の鎮痛薬で抑えていると、その副作用によって高血圧になるリスクが高くなるのです。 従って、総合的な健康を考慮すると、Forman博士が述べているように「安易な痛み止めの薬の服用は避ける」ことが必要と言えます。

慢性の首・背腰部痛にはカイロプラクティックが最適

 オーストラリアの公立病院で115名の患者を対象とした最新の臨床調査の結果が、2003年に医学誌Spine に掲載されました。 それによると、首・背・腰に慢性の痛みを訴える慢性脊柱痛症候群の患者に対して、西洋医学の薬、東洋医学の鍼灸、そしてカイロプラクティックの徒手矯正と、3種の治療効果を9週間で比較した結果、カイロプラクティックが抜群に優れた結果となっています。

 症状消失まで回復した患者は、カイロで27%であったのに対し、鍼灸は9.4%、薬は5%であった。 
しかも、薬の場合6.1%の患者に効果ではなく副作用が起こり、薬の服用を中止すると副作用は収まった。

立位での腰部前屈の可動域改善率では・・・・・カイロ:38%、鍼灸:2%、薬:4%。
短期間に痛みが消失したケースは・・・・・・・・・・カイロ:32%、鍼灸:4.5%、薬:4.5%。
頚部の痛みに伴う就業不能の改善率は・・・・・・カイロ:38%、鍼灸:16%、薬:8%。
総合的健康度の改善率は・・・・・・・・・・・・・・・・・カイロ:47%、鍼灸:15%、薬:18%。

 これまで米国やカナダ等の調査で急性の頚部痛・腰痛等にカイロが優れた効果を発揮する事は報告されていましたが、この調査結果から、慢性の頚腰背部痛にもカイロプラクティックが最適である事が証明されました。

 単に痛みを抑えるだけで病気の原因を治さない「投薬」は、一般の方が信じていた程の効果が無いことも判明しました。 そして副作用が6.1%もの患者さんに起こり、薬を中止しなければならなかったことも報告されています。 従って、首・肩・背・腰などの背部に痛みがある人は、安全で効果的な治療法として、カイロプラクティックを受ける事が賢明であるということです。 

 現代西洋医学が最も優れていると信じていた人にはショックかもしれませんが、西洋医学は救命救急医学として優れているものの、慢性病には効果があまりない場合が少なくないのです。

定期的なカイロプラクティック・ケアが慢性腰痛を改善

 さて、カイロプラクティックが慢性腰痛に効果的であることは分かりましたが、では、慢性腰痛の患者さんは、痛い時だけカイロプラクティックを受け、痛みが軽減したらもう通院しなくても良いのでしょうか。 次にJMPTという医学誌に2004年10月に発表された論文を紹介しましょう。

 一般的な慢性の腰痛患者のディスアビリティー・レベル(不具合評価)を、1ヶ月間に12回のケアのみを与えたグループと、1ヶ月間に12回のケアを与えその後3週間に1回の定期的なケアを9ヶ月間続けたグループで10ヶ月目の評価を比較しました。 1ヶ月間に12回のケアのみを与えたグループは、治療前の平均評価が33.5、1ヶ月間に12回のケアを与えた後は25.1に改善、しかし10ヵ月後の評価では31.8と戻っていました。 定期的なケアを続けたグループは、治療前の平均評価が32.8、1ヶ月間に12回のケアを与えた後は23.0と改善、10ヵ月後の評価では16.2と更に改善していました。

 上記の研究では、1ヶ月間に12回のケアという初期集中治療だけの場合と、それに加えてその後3週間に1回の定期的なケアを9ヶ月間続けた場合を比較しています。 結果は、定期的なケアを続けた方が優れた治療効果を得られることが判明しています。 カイロプラクティック医師(DC)が、定期的なメンテナンス・ケアを勧める根拠がここに証明されています。

カイロプラクティックの学位と免許:

 しかし、カイロプラクティックを受ける前に、カイロプラクターがどんな教育を受けているのかを知りたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。 きちんとした教育を受けていなければ、安心できないと思うのは当然のことです。 そこで、世界で最も高い水準の教育が行われているアメリカ合衆国のカイロプラクティック教育について紹介しましょう。

 日本では、カイロプラクティックの身分法が制定されておらず、誰でもが勝手に「カイロプラクター」などと名乗ることができ、それを罰することも出来ません。従って、カイロプラクターは整体師などと同列に扱われ、ややもすると混同されています。 しかし、「カイロプラクティック」と「整体」は全く別のものです。

 アメリカ合衆国におけるカイロプラクティック医師(カイロプラクター、DC)の教育、学位、免許などに関する現状は以下の通りです。

ドクター・オブ・カイロプラクティック(DC)学位

 ドクター・オブ・カイロプラクティック(DC)学位とは、アメリカ合衆国において西洋医学の医師(MD)やオステオパシー医師(DO)、歯科医師(DDS)などと同じ第一専門職(First Professional)のカテゴリーに属する、米国連邦政府によって正式に認められた学位です。 この第一専門職の学位は、一般の修士号(Masters Degree)より上位で、博士号(Ph.D.)には満たない位置にあります。

 DC学位を取得するには、米国政府認定のカイロプラクティック教育評議会(CCE)が規定する生物学、物理学、有機・無機化学などの科目を含むプレ・カイロプラクティック課程を一般大学で3〜4年間履修し、規定の成績以上で修了または卒業(学士号取得)しなければ、DC学位課程のカイロプラクティック大学(大学院レベル)への入学許可が与えられません。

 カイロプラクティック大学では、解剖学、病理学、生理学などの基礎医学のほか、レントゲン物理学、診断学、そしてカイロプラクティックの哲学、科学、芸術に関する教育を4年間履修します。 卒業するとドクター・オブ・カイロプラクティック(Doctor of Chiropractic: DC)の学位を与えられるのです。

 日本の医師(MD)が大学6年間の教育であるのと比較しても、アメリカのカイロプラクティック医師(DC)は7〜8年間の大学教育という、より高い要求を満たしていることが分かります。

カイロプラクティックの免許

 日本でも大学医学部を卒業するだけでは医師ではなく、医師国家試験に合格し医籍に名前が記載され、厚生労働大臣から医師免許証を与えられて初めて医師と名乗ることが出来るように、アメリカでもドクターとして臨床するには、ドクター・オブ・カイロプラクティック(DC)の学位を取得しただけではいけません。

 米国カイロプラクティック国家試験(NBCE)に合格し、更に臨床する州の開業試験に合格し、州政府から免許を受けなければならないのです。 イリノイ州の場合はカイロプラクティック医師免許(Licensed Chiropractic Physician)が与えられます。

 患者は自分が受診しようとするカイロプラクティック医師や医師などの医療従事者の免許が有効かどうかを調べる事が、州政府機関のWebサイトで出来るようになっています。
https://www.idfpr.com/dpr/licenselookup/default.asp

 上記のイリノイ州のサイトにアクセスし、Profession の所をCHIROPRACTOR か、DOCTOR-CHIROPRACTIC PHY, LICENSEDを選択し、Last Nameの所に調べたいドクターの苗字をローマ字でタイプして、Searchの所をクリックすれば分かります。

 上記のように、アメリカではカイロプラクターはカイロプラクティックの医師であり、ドクターのタイトルに相応しい教育を大学で7〜8年間受けています。 そして、第一次医療(プライマリーヘルスケア)のドクターとして認められています。 家庭医(ファミリードクター、MD)の紹介を必要とせず、患者が最初に受診する医療機関となっていますから、安心してカイロプラクティックのクリニックに受診できます。

 今回は、慢性の背部痛について報告しましたが、放置すると進行し悪化する可能性があるだけでなく、脳の萎縮などのリスクも高くなる可能性もあります。 早期発見と早期治療が重要です。 慢性の首や腰などの痛みのある方は、早急にカイロプラクティックのケアを受けた方がよいでしょう。

 また、現在は痛みはなくても、コリや張り、不快感、体が硬くなってきた、などの症状があれば、痛みが起こる前に予防し、原因を取り除く意味でも、カイロプラクティックの検査を受けるとよいのではないでしょうか。 カイロプラクターは、問診、視診、触診、計器測定、整形外科的検査、神経学的検査、そしてX線検査によって、貴方の体の状態を詳しく調べ、原因を見つけてくれるでしょう。 

 特にX線検査はカイロプラクティックでは必須の検査ですが、X線写真によって貴方の背骨の病理学的所見と、サブラクセーションと呼ばれる病気や症状の原因となる脊椎の不整列の状態と退行性変性の度合いなどを確認できるでしょう。

 カイロプラクターの触診は、他の医療専門職と比較しても抜群の能力を誇るものですが、ドクターの能力や錬度といった個人差があり、また主観的である範囲を出ません。 また、X線写真なしには、骨の奇形、変形、腫瘍などの病理変性、不整列の状態などを知ることは出来ません。 それ故に、カイロプラクティックでは科学的で客観的な診察の為に、西洋医学よりも早く1910年にX線検査を脊柱の検査に導入し、今日でも診察の中で基準としているのです。

貴方は何の為に生きていますか?

貴方は何の為に一生懸命働いていますか?

貴方は何の為に毎日頑張っていますか?

 働き蟻のように働いて、子供が成人し結婚したら、お役ご免でポックリ逝っても構わないと思う人はいないでしょう。 それは、豊かな老後を楽しみながら平穏に幸せに暮らす為ではないのでしょうか? そうだとしたら、「健康で長生き」が重要です。

 そして「健康は一日にして成らず」です。 病気の予防の為、健康の維持・増進の為、そして現在体に不調がある人は治療の為に、カイロプラクティックを利用されることをお勧めします。

 今回は、背部痛にカイロプラクティックが効果的であることを証明した論文などを紹介しましたが、それはカイロプラクティックの力の一部にしか過ぎません。 カイロプラクティックは、西洋医学や東洋医学と敵対関係にあるのではありません。 それらの他の医学や医療とは違う、独自の哲学、独自の健康観や視点から人体と病気を捉え、独自の方法でケアをするものです。

 診察の結果、カイロプラクティックの禁忌の場合や、専門医の診察が必要と判断すれば、病院などに転医する処置をして、医師や他の医療専門職と協力・協調して、患者を救うために全力を傾注します。 安心して受診することが出来ます。

最後に前述の6つの研究論文によって判明したポイントを整理しておきます:

慢性の背部痛が脳を10〜20倍萎縮させ老化を早める可能性がある

運動レベルが低下した人は、認知機能が3.6倍も多く低下する

日常を活動的に過ごせば高血圧が避けられる可能性が高くなる

一般的な鎮痛薬が高血圧のリスクを上昇させる

首・背・腰に慢性の痛みを訴える慢性脊柱痛症候群の患者には、西洋医学の薬、東洋医学の鍼灸と比較して、カイロプラクティックの治療成績が抜群に優れている

カイロプラクティックの初期集中治療だけでなく、定期的なメンテナンス・ケアを受けた方がより改善度が高まる

 古い迷信・先入観や間違った常識を捨て、最新の研究で判明した事実やカイロプラクティックの驚くべき効果を理解して、貴方の健康の為にカイロプラクティックによる利益を享受されては如何でしょうか。


                             バックナンバー


ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.