MASAさんの健康と医療関連トピック



著者略歴 
MASAこと、Dr.松下順彦DC,LCP


1962年、大阪生まれ、44歳。 職業は、カイロプラクティック医師。 明治東洋医学院卒: 鍼灸師免許、柔道整復師免許を所持。 大阪府枚方市で松下鍼灸整骨院を開業、10年以上の臨床経験 を持つ。

 パーマー大学卒: ドクター・オブ・カイロプラクティック学位 (DC)、カイロプラクティック哲学称号(LCP)を取得。
イリノイ州免許( Licensed Chiropractic Physician )を所持。

 2005年3月から、シカゴ郊外アーリントンハイツのACE CHIROPRACTIC CLINIC の院長。 脊柱解剖学II解剖実習参考書を著作、代替医療専門誌「医道の 日本」「マニピュレーション」「カイロタイムズ」に論文寄稿 。「カイロプラクティックのこころ」翻訳協力。「ジャングル 」「シカゴ新報」など日系紙に健康コラム執筆。 国際日本人DC倶楽部(IJDC)の会長として、正しいカイロプラ クティックの普及・啓蒙活動に精力を傾注している。

                  第19回 ビタミンB3およびB5と健康


 今回は、健康に必要不可欠なビタミンB3とビタミンB5について説明します。

ビタミンB3:
 
 ビタミンB3は、別名ナイアシンとも呼ばれ、ニコチン酸とニコチンアミドを総称した水溶性ビタミンの一種です。

 生理作用は、NAD+、NADH、NADP+、NADPHとして、約500種類の酵素の補酵素として機能することです。また、血管拡張、コレステロールの低下、神経系や胃腸などの働きを正常に保つことなどに関与しているとされています。

 欠乏症は、ぺラグラで、皮膚が荒れ、下痢が起り、精神神経に異常をきたします。また、メニエル症候群、耳鳴り、頭痛などもあります。

 所要量は、その代謝上の役割からエネルギー摂取量を基準として必要量を求める方が適当ですが、一般的な成人男性の必要量は,約15mg/日とされています。

 ビタミンB3を多く含む食品は:タラコ、カツオ、イワシ、サバなど魚介類、マイタケ、レバー、ピーナッツ、酵母、胚芽、玄米、や緑黄色野菜類などです。

ビタミンB5:

 ビタミンB5は、水溶性ビタミンの一種で、パンテント酸とも呼ばれます。

 生理作用は、糖及び脂質の代謝、ステロイドホルモンの合成、ストレスや毒素に対する防御作用等への関与が確認されています。

 欠乏症は成長停止、体重減少、突然死、皮膚・毛髪の障害、副腎障害、末梢神経障害、抗体産生の障害、生殖機能障害などがラットによる実験で報告されています。

 所要量は、男性女性共5mg/日とされています。妊婦・授乳婦の場合は、所要量に1〜2mg加えると定められています。

 ビタミンB5を多く含む食品には、レバー、ピーナッツ、卵、胚芽、玄米、豆類、キノコ類、や緑黄色野菜類などです。

 これらを参考に、バランスよく有機食品など自然の食材から摂取して下さい。

☆ カイロプラクティック・ミニ講座: 
椎間板障害と手術とカイロプラクティック

 日本人でもアメリカ人でも、多くの人々を苦しめるのが腰痛であり、しばしば椎間板の障害が伴うことがあります。 椎間板ヘルニアがその代表です。 そういった椎間板障害の患者に対し、西洋医学では鎮痛剤の投薬、牽引療法など理学療法を行い、また手術を行うことも少なくありません。 

 では、その手術の成功率はどうなのでしょうか? 

★400例の手術の研究では、52%の患者が手術前と同じ腰や脚の痛みを訴えました。 

★886例の手術の研究では、44%の患者が手術後も改善しないか、悪化したと報告しています。 

★71名の外科医による7391例の手術の研究では、48%の患者が手術後1年以内に手術前と同様の痛みを訴えています。 

 これらの研究から判断すると、失敗手術症候群とされる患者は約50%です。

 ミネソタ大学Pain and Rehabilitation CenterのN.シャリー医師は、「米国で行われる腰部椎間板手術の10%以下しか効果が保障できない。 もし、その手術が効果的でなかったら、2度3度と手術を受けても効果は期待できない」と述べています。

 1536例の腰椎に問題のある患者をカイロプラクティックでケアした研究では、96.4%の患者が満足できる結果を得、手術に救いを求めたのは3.4%でした。

この研究によって判明したことは:

1.椎間板障害の患者にカイロプラクティックの有効性が優れていること
2.結果的に遅れて手術を受けた3.4%の患者にも、カイロプラクティックは何ら損傷を与えていないという2つの椎間板障害の患者にとって有益な事実でした。

 こういった医学的・科学的な研究の結果から導き出された事実を基にすれば、椎間板に問題がある腰痛も、先ずはカイロプラクティックを試すのが論理的かつ合理的な判断と言えるでしょう。

 手術を受けてしまえば、その効果の如何を問わず、もう元の体に戻ることは出来ません。 切り取られた組織は元に戻ることは無く、傷も残ります。

 先ずは、最も非侵害的な徒手療法、カイロプラクティックを試してみるのが安全です。 カイロプラクティック医師は、診察の結果、或いは経過観察などで必要と思えば、専門医に転医しますので、それから医師の処方による鎮痛剤などの医薬品の投薬、それでも効果が無い場合はやむを得ず手術を考慮と、徐々に侵害的でリスクのある方法へと移行するのが無難なのではないでしょうか。

 カイロプラクティック医師(Doctor of Chiropractic: DC)は、イリノイ州政府から、Licensed Chiropractic Physician というプライマリーケア(第一次医療)のフィジシャン(医師)免許を与えられており、ファミリードクターなど他の医師の紹介なしに直接診療を受けられるドクターです。

 アメリカの医療保険は、契約の内容にもよりますが、大抵の保険が歯科はカバーしていなくても、カイロプラクティックはカバーしています。 日本では全く保険の対象になっていないので、アメリカ在住の間にカイロプラクティックで腰痛を完治させる良いチャンスです。 腰痛の患者さんには朗報ですね。 


                                    
バックナンバー


ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.