MASAさんの健康と医療関連トピック



著者略歴 
MASAこと、Dr.松下順彦DC,LCP


1962年、大阪生まれ、44歳。 職業は、カイロプラクティック医師。 明治東洋医学院卒: 鍼灸師免許、柔道整復師免許を所持。 大阪府枚方市で松下鍼灸整骨院を開業、10年以上の臨床経験 を持つ。

 パーマー大学卒: ドクター・オブ・カイロプラクティック学位 (DC)、カイロプラクティック哲学称号(LCP)を取得。
イリノイ州免許( Licensed Chiropractic Physician )を所持。

 2005年3月から、シカゴ郊外アーリントンハイツのACE CHIROPRACTIC CLINIC の院長。 脊柱解剖学II解剖実習参考書を著作、代替医療専門誌「医道の 日本」「マニピュレーション」「カイロタイムズ」に論文寄稿 。「カイロプラクティックのこころ」翻訳協力。「ジャングル 」「シカゴ新報」など日系紙に健康コラム執筆。 国際日本人DC倶楽部(IJDC)の会長として、正しいカイロプラ クティックの普及・啓蒙活動に精力を傾注している。

                  第17回 ビタミンCおよびDと健康

 今回は、健康に必要不可欠なビタミンのCとDについて説明します。

ビタミンC:
 
 ビタミンCの生理機能は、活性酸素種の消去剤としての抗酸化作用、ヒトの総タンパク質の約30%を占めるコラーゲンの合成・形成、生体異物の代謝、コレステロール/脂肪酸の代謝、アミノ酸やホルモンの代謝、消化管内での発がん物質の一つであるニトロソアミンの生成の抑制などです。

 また、大量摂取による薬理作用として、免疫能の増強、抗腫瘍作用、抗動脈硬化作用、抗血圧作用、抗ヒスタミン作用、白内障予防などが報告されています。

 欠乏症は壊血病で、この病気は全身倦怠、疲労感、関節痛、身体各部からの出血をもたらします。 成人1日あたりの推奨量は100mgです。

 ビタミンCを多く含有する食材は:いちご、かき、レモン、キウイフルーツなど果物類、キャベツ、こまつな、パセリ、ピーマンなどの野菜類、さつま芋、じゃがいも等の芋類、そして鶏・豚・牛などのレバーです。

ビタミンD:

 ビタミンDにはビタミンD2〜D7まであり、そのうち効果があるのはビタミンD2とビタミンD3です。 従って、一般にビタミンDといえば、効果のあるD2とD3を総称したものです。 植物性食品からはビタミンD2(エルゴカルシフェロ−ル)が、動物性食品からのビタミンD3(コレカルシフェロ−ル)が摂取されます。

 また、ビタミンDは、肝臓や腎臓で活性化され、活性型ビタミンDにならなければ有効利用できません。 ビタミンDには、栄養素というよりはホルモンの1種のような働きがあるのも特徴です。 

 ビタミンDの生理作用は、カルシウム作用と非カルシウム作用に分けられます。カルシウム作用は、小腸でのカルシウム吸収、腎尿細管でのカルシウム再吸収、骨でのカルシウム沈着・溶出などの促進作用です。

 また、非カルシウム作用は、がん細胞などの増殖抑制と分化促進、副甲状腺ホルモンやインスリンなどのホルモン分泌の調節、T細胞やB細胞を介した免疫調節作用などが報告されています。

 ビタミンDの欠乏症は、乳幼児・小児では肋骨や下肢骨の変形を特徴とするクル病が、成人では骨の石灰化障害を特徴とする骨軟化症があり、過剰症としては、高カルシウム血症、軟組織の石灰化、腎障害などがあります。 サプリメント等での過剰摂取には注意しましょう。 成人1日あたりの目安量は5μgです。

 ビタミンDを多く含有する食材は:いわし、うなぎ、鮭、サバ、サンマ、ブリ、マグロなどの魚類、しいたけ、しめじ、マイタケなどのキノコ類、そして鶏卵などです。

 この情報を参考に、バランスよく自然の食材から摂取して下さい。


☆ カイロプラクティック・ミニ講座: 自律神経失調症の9割は首が原因

 2008年11月7日の日本自律神経学会において、東京脳神経センターの脳神経外科医、松井孝嘉理事長が発表された研究結果によると、「持続的なめまいや頭痛、体調不良などを訴える自律神経失調症患者に対し、首の筋肉の凝りや異常などを解消すると、9割以上の患者で症状が治まる」ということが報告されました。

 この研究は、長期に症状を訴える自律神経失調症の患者は、重い頭を支える首の筋肉に痛み、硬さなどの異常が多いことに着目し、2006年〜2008年5月の間に自律神経失調症で入院した265人に対し、首の筋肉の異常をなくす治療を実施したものです。 

 治療は、痛みや異常が首のどこにあるかを調べ、それに基づいて低周波治療、温熱療法、鍼灸、ビタミンB群投与などを組み合わせて実施した結果、92.5%が1〜3ヶ月で治癒したという事です。

 また、オハイオ州のトレド大学のGretchen Tietjen博士が行った研究が、米医学誌「Neurology」の2007年1月9日号に掲載され、「慢性的な頭痛のある患者では、時々頭痛のある患者に比べ、大うつ病の症状を訴える確率が4倍高かったほか、低エネルギー、睡眠障害、吐き気、めまい、性交痛ないし性交困難のほか、腹部、腰、腕、脚、関節の痛みなど、頭痛に関連する症状を訴える確率が3倍高かった」と報告しています。

 これらの研究から言える事は、自律神経失調症などで慢性的な頭痛があると、様々な体調不良に加えて「うつ病」になるリスクが高いという事、そして首の異常を治療すると自律神経失調症が治癒する確立が高いという事です。

 首の異常が自律神経に与える影響については、カイロプラクティックでは以前から知られており、カイロプラクティックは神経筋骨格系の治療に優れた効果があります。 慢性の首の痛みにはカイロプラクティックが薬や鍼灸よりも治療成績がよいという研究結果もありますから、カイロプラクティックを受けることがお勧めです。 

 Dr.松下は、カイロプラクティック医師免許、鍼灸師免許を所持し、低周波治療や温熱療法など理学療法のNBCE国家試験に合格、柔道整復師免許も所持しております。 ご相談はお気軽にどうぞ。


                                    
バックナンバー


ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.