MASAさんの健康と医療関連トピック



著者略歴 
MASAこと、Dr.松下順彦DC,LCP


1962年、大阪生まれ、44歳。 職業は、カイロプラクティック医師。 明治東洋医学院卒: 鍼灸師免許、柔道整復師免許を所持。 大阪府枚方市で松下鍼灸整骨院を開業、10年以上の臨床経験 を持つ。

 パーマー大学卒: ドクター・オブ・カイロプラクティック学位 (DC)、カイロプラクティック哲学称号(LCP)を取得。
イリノイ州免許( Licensed Chiropractic Physician )を所持。

 2005年3月から、シカゴ郊外アーリントンハイツのACE CHIROPRACTIC CLINIC の院長。 脊柱解剖学II解剖実習参考書を著作、代替医療専門誌「医道の 日本」「マニピュレーション」「カイロタイムズ」に論文寄稿 。「カイロプラクティックのこころ」翻訳協力。「ジャングル 」「シカゴ新報」など日系紙に健康コラム執筆。 国際日本人DC倶楽部(IJDC)の会長として、正しいカイロプラ クティックの普及・啓蒙活動に精力を傾注している。

                  第15回 ビタミンB2およびB6と健康


 人間は生命活動維持のために栄養素を摂らなくてはなりません。 栄養素には糖質、タンパク質、脂質、無機質(ミネラル)およびビタミンなどがあります。 ビタミンは、「微量で体内の代謝に重要な働きをしているにもかかわらず自分でつくることができない化合物」と定義され、一般に13種類あります。 今回は、その健康に必要不可欠なビタミンのB2とB6について説明します。 

ビタミンB2:

 ビタミンB2は、細胞の再生および成長を促進する働きのあるビタミンであり、健康な皮膚、髪、爪をつくるのに重要な働きをします。 また、脂質の代謝を促進するほか、糖質の代謝にも関与しますので、ビタミンB2の不足は脂質の代謝障害を起こし、エネルギーになりにくくなります。 

 
女性の美容上からも欠乏には気を付けましょう。 ビタミンB2は、粘膜を保護する働きもあり、不足すると目の充血や角膜炎、口内炎や口角炎の原因となります。 成人が一日に必要な量は、女性1.2mg、男性1.6mg程です。 

 含有量の多い食品は: アジ、いわし、鮭、サバ等の魚類、あさり、しじみ、はまぐり等の貝類、牛肉、豚肉、羊肉、鶏肉の肉類、しいたけ、まいたけ、しめじ等のキノコ類、アスパラガス、春菊、小松菜、ブロッコリー、芽キャベツ等の野菜類、そして納豆やピーナッツ等の豆類です。 

 また日本人の場合はビタミンB2が不足しがちですから、上記の含有量の多い食材を積極的に摂取して下さい。  

ビタミンB6:

 ビタミンB6はタンパク質の代謝を促し、健康な皮膚、髪、歯をつくり、また成長を促進するので、特に妊婦、授乳婦や発育期の子供には必要不可欠です。  

 そして、免疫機能に関与しますので、不足するとアレルギー症状などの原因となることもあります。 成人が一日に必要な量は、女性1.2mg、男性1.4mg程です。 

 含有量の多い食品は:  いわし、かつお、さんま、まぐろ、さば、にしん等の魚類、鶏レバー、豚肉、バナナなどです。 

 
ビタミンB6は、欠乏症は起こりにくいとされていますが、抗生物質を長期間服用して腸内細菌数が減少している場合などには注意が必要です。

 
食事を軽視して安易にビタミン剤などサプリメントに頼るより、努めて自然の食材から摂取するように心がけましょう。 より自然で安全、効果的であり安価です。 

カイロプラクティック・ミニ講座: 

頭痛とカイロプラクティック頭痛には、緊張性頭痛、偏頭痛、群発性頭痛など様々なタイプがありますが、頚椎の不整列が原因で起こるケースが少なくなく、カイロプラクティックが有効である場合が多いのです。 

頭痛の中には、鎮痛剤を呑み過ぎる事によって悪化するケースや、鎮痛剤が効かないケース、また、鎮痛剤の量を増やさないと効果が出難くなるケースなどもあり、原因を排除しない薬物療法には限界があります。 


 筆者のクリニックには頭痛を訴えて来院される患者さんも多く、カイロプラクティックで良い治療成績を持っています。 今回は、その代表的な症例をご紹介します。 

 患者は38歳の日本人男性医師、医学博士で、ポスドクとして研究に従事。

 既往歴として4年前にも頭痛を経験。 現病歴は2007年4月中旬から激しい頭痛と左目の奥の痛みが発症。 シカゴ郊外の日系の病院で偏頭痛・群発頭痛と診断され、鎮痛剤等の処方を受けたが改善せず、夜間に痛みで目が覚め、それから朝まで眠れない状態が続く。 

 医学で改善出来ない状況に見かねた妻が、インターネットを検索して筆者のクリニックのWebサイトを見つけ、「この先生なら何とかしてくれるのでは」と、最後の希望の様な気持ちで予約を入れて、2007年6月4日に初診。 

 経過は、1度のカイロプラクティックの治療で改善を体感でき、10段階で8くらい酷かった痛みが4回の治療後の6月14日には1〜2程度まで改善。 6月下旬には夜間の痛みで目覚める事も無くなる。 

 その後も、痛みなどの症状をコントロールしながら、根治できるようカイロプラクティックを定期的に実施し、12月1日に頚椎のX線写真を取り直すと6月の初診の時と比較して、椎骨の配列が改善していることを確認。 

 転帰は、患者が研究を終え日本に帰国した為、治療プランの途中で中止。 

 この症例は、病院で検査を受けたが原因も医学的な異常も見つからず、投薬による薬物療法を1ヶ月半程の間継続しても症状が全く改善しなかったものが、カイロプラクティックで計器測定やX線検査などの科学的検査と触診などの検査によって、脊椎骨サブラクセーションという神経機能を妨害する脊柱の不整列を見つけることで原因を特定し、それを素手によるアジャストメント(矯正)によって取り除くことで著効が見られたものです。 

 頭痛は様々な原因で起こるので、全ての頭痛がカイロプラクティックの適応とは言えませんが、放置して我慢したり、市販の鎮痛剤で症状を抑えたりせず、原因を調べて排除出来るように、先ずはカイロプラクティック医師(DC)にご相談されることをお勧めします。 

 くも膜下出血、脳腫瘍などが原因である場合は、カイロプラクティックの適応ではありませんが、カイロプラクティック医師(DC)は、アメリカの大学で7〜8年間の教育を受け、国家試験と州の開業試験に合格して免許されるとプライマリーケア(第一次医療)のフィジシャン(全科医療の医師)として診察・検査と診断及び治療が出来ますので、禁忌症の兆候が見つかれば専門医に転医するので心配ありません。

 
また、一時期、「カイロプラクティックによる頚椎の矯正が脳卒中を起こす」などとして、反カイロプラクティックのキャンペーンが行われましたが、最新の研究結果では、「西洋医学の医師(MD)の診療を受けた患者と、カイロプラクティック医師(DC)の診療を受けた患者で、治療後に脳卒中を起こす確率に差は無い」ということが判明しています。 従って、「カイロプラクティックを受けると脳卒中のリスクが高い」ということはありません。 

 NCMICという保険会社が2001年に発表した調査結果では、「事実として、重篤な傷害を受けるリスクは、アスピリンやアドビルなどの消炎鎮痛剤の方が脊椎矯正より400倍高い」と報告しています。 

 また、1999年にコウルター博士が発表した調査結果では、有害事象が起こるリスクの確率は以下のようになっています: 

カイロプラクティック:
頸椎のアジャストメント: 6.39/1000万回
腰椎のアジャストメント:       1/1億回 

西洋医学:
頸椎の手術:        15.6/1000回
非ステロイド抗炎症薬:    3.2/1000回 

 上記の結果から判明した科学的・医学的事実は、これまで危険視されてきた頚椎(首)のアジャストメント(矯正)ですら、投薬や手術と比較しても有害事象が起こるリスクの確率が有意に低く、カイロプラクティックは安全であるということです。 

 カイロプラクティックは、上記のように安全であり、また費用対効果にも優れています。 そして、必要に応じて医師(MD)とも協力し合って患者を救うことに務めていますから、安心してカイロプラクティックを受けることが出来ます。 

 新しい科学的研究結果に基づく知見を知った今日から、思い込みや先入観、古い認識、医学信仰を捨てて、カイロプラクティックの効果と安全性の高さを認識し、貴方と貴方の大切な家族や友人の健康管理に役立てて下さい。 

 痛みだけでなく、体に異常を感じたら、先ずはカイロプラクティック医師(DC)による、計器測定やX線写真を含む診察と検査を受ける。 それが安全で効果的な、21世紀の医学新常識ですね。

カイロプラクティックについてご質問があれば、遠慮なくお問い合わせ下さい。
ACE CHIROPRACTIC CLINIC
505 E. Golf Road Unit G, Arlington Heights, IL 60005
Tel: 847-290-9226



                                    バックナンバー


ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.