MASAさんの健康と医療関連トピック



著者略歴 
MASAこと、Dr.松下順彦DC,LCP


1962年、大阪生まれ、44歳。 職業は、カイロプラクティック医師。 明治東洋医学院卒: 鍼灸師免許、柔道整復師免許を所持。 大阪府枚方市で松下鍼灸整骨院を開業、10年以上の臨床経験 を持つ。

 パーマー大学卒: ドクター・オブ・カイロプラクティック学位 (DC)、カイロプラクティック哲学称号(LCP)を取得。
イリノイ州免許( Licensed Chiropractic Physician )を所持。

 2005年3月から、シカゴ郊外アーリントンハイツのACE CHIROPRACTIC CLINIC の院長。 脊柱解剖学II解剖実習参考書を著作、代替医療専門誌「医道の 日本」「マニピュレーション」「カイロタイムズ」に論文寄稿 。「カイロプラクティックのこころ」翻訳協力。「ジャングル 」「シカゴ新報」など日系紙に健康コラム執筆。 国際日本人DC倶楽部(IJDC)の会長として、正しいカイロプラ クティックの普及・啓蒙活動に精力を傾注している。

                  第13回 ビタミンAおよびB1と健康


 人間は生命活動維持のために栄養素を摂らなくてはなりません。 栄養素には糖質、タンパク質、脂質、無機質(ミネラル)およびビタミンなどがあります。

 
ビタミンは、「微量で体内の代謝に重要な働きをしているにもかかわらず自分でつくることができない化合物」と定義され、一般に13種類あります。 今回は、その健康に必要不可欠なビタミンあとB1について説明します。  

ビタミンA:

 ビタミンAは、脂溶性ですから身体に蓄積されるので過剰摂取に注意が必要です。

 
過剰症としては食欲不振、頭痛、吐き気や肝障害など様々な健康障害があげられます。 特に妊婦や妊娠の可能性のある女性は、胎児に奇形が発症することがありますので注意が必要です。 一日3 mg (10,000 IU)以上摂るとリスクがありますからサプリメントなどでビタミンAを摂るのは注意して下さい。

 
欠乏症は、夜盲症、皮膚乾燥症が代表的で皮膚の感染症にかかり易くなります。 

 ビタミンAを多く含む食品は、ウナギ、レバー、牛乳、チーズ、バターなどの乳製品や魚が挙げられます。 また、カボチャ、人参やホウレン草などの緑黄色野菜があります。

 
日本人のビタミンAの一日の所要量は成人において男性0.6mg 、女性0.54mgとなっていますから、前述の食材を適当に摂れば十分です。

ビタミンB1:

 ビタミンB1は、水溶性ですから大量に摂取しても過剰分は尿と一緒に排泄されるので、過剰摂取による大きな害はありません。

 
欠乏症としては、脚気が代表的で、脚気の症状は全身倦怠、心悸亢進、心臓肥大、浮腫、最低血圧低下、四肢の知覚異常、腱反射消失、知覚鈍麻などがあり心臓と末梢神経の疾患です。 またウエルニッケ脳症という中枢神経疾患もあり、眼球運動麻痺、歩行運動失調、意識障害を伴います。 慢性化するとコルサコフ症という精神病に移行します。

 
成人の一日の所要量は男子1.1mg、女子0.8mgです。 ビタミンB1の豊富な食品は、豚肉、内臓類(モツなど)、カモ肉、大豆、落花生、ウナギ、ソバ粉、グリンピースなどです。

 
精白米はビタミンB1の欠乏原因となりますので、玄米か胚芽米がお勧めです。 豚肉がB1補給には最も効果的ですから覚えておかれると良いでしょう。 美味しく食べてビタミンAとB1を効率良く摂取しましょう。 

☆ カイロプラクティック・ミニ講座: 高血圧もカイロで治る? 

 高血圧は、その原因がハッキリせず、本態性高血圧症と西洋医学では診断される事が少なくありません。 

 原因が分からないので、医師は「血管拡張剤」や「利尿剤」などを「降圧剤」として処方し、対症療法として血圧を下げる処置をします。 原因を取り除けず、生涯「降圧剤」を呑み続けることになりがちで、薬の副作用によって他の病気を引き起こすリスクがあります。 

 ところが、シカゴ大学医学センターの高血圧センターでの研究によると、第一頚椎に対する特殊なカイロプラクティックのアジャストによって、有意に高血圧が改善することが判明し、WebMDなどでも論文が掲載され医学界に衝撃を与えました。(George Bakris, M.D., Marshall Dickholtz, D.C., the Journal of Human Hypertension, March 2, 2007.)  

 第一頚椎の不整列が高血圧の原因となり得る事はカイロ界では以前から知られています。 筆者のクリニックでも、血圧降下の症例があります。 

 この上部頚椎の特殊なテクニックには、チルト・バッキーとヘッドクランプを備えたX線装置を用いて撮影したX線写真が必要で、筆者のクリニックはそのX線装置を備えた中西部で唯一の日系クリニックです。 

 また、Dr.松下はパーマー・カイロプラクティック大学の上部頚椎(HIO)テクニックの競技会で優勝した唯一の日本人です。 上部頚椎に関する知識や治療技術には自信がありますので、実際の結果を紹介しましょう。 

 患者さんは、30代の日本人女性で、主訴は肩こり、腰痛。2008年1月上旬に、「最近、血圧が高い」と相談され計測すると、158/105でした。 診察とX線検査で第一頚椎にサブラクセーションを認め、HIOテクニックで矯正。2回の矯正後(2週間後)の血圧は130/89に改善しました。 

 高血圧の原因は様々ですから、全ての高血圧の患者さんにカイロプラクティックが有効であると保障するものではありません。 しかし、根本的に原因を取り除かず、薬で症状をごまかし続けるだけよりも、カイロプラクティックで根本的に改善できるかどうかを調べてみる事を試す価値はあるのではないでしょうか。 

 詳しい診察と、精密なX線写真分析によって、正確な診断が行われれば、貴方の高血圧が改善する可能性があるか否かが分かることでしょう。 カイロプラクティックは、痛みを和らげるだけではないのです。 

カイロプラクティックについてご質問があれば、遠慮なくお問い合わせ下さい。
ACE CHIROPRACTIC CLINIC
505 E. Golf Road Unit G, Arlington Heights, IL 60005
Tel: 847-290-9226



                                    バックナンバー


ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.