MASAさんの健康と医療関連トピック



著者略歴 
MASAこと、Dr.松下順彦DC,LCP


1962年、大阪生まれ、44歳。 職業は、カイロプラクティック医師。 明治東洋医学院卒: 鍼灸師免許、柔道整復師免許を所持。 大阪府枚方市で松下鍼灸整骨院を開業、10年以上の臨床経験 を持つ。

 パーマー大学卒: ドクター・オブ・カイロプラクティック学位 (DC)、カイロプラクティック哲学称号(LCP)を取得。
イリノイ州免許( Licensed Chiropractic Physician )を所持。

 2005年3月から、シカゴ郊外アーリントンハイツのACE CHIROPRACTIC CLINIC の院長。 脊柱解剖学II解剖実習参考書を著作、代替医療専門誌「医道の 日本」「マニピュレーション」「カイロタイムズ」に論文寄稿 。「カイロプラクティックのこころ」翻訳協力。「ジャングル 」「シカゴ新報」など日系紙に健康コラム執筆。 国際日本人DC倶楽部(IJDC)の会長として、正しいカイロプラ クティックの普及・啓蒙活動に精力を傾注している。

                第10回 食事での栄養摂取が重要


 今回は健康に重大な影響を与える栄養と食事についてお話します。 

 先ずは、サプリメントを勧めない研究結果がありますので、ご紹介しましょう。   

 ペンシルベニア州立大学栄養科学部、栄養学のPenny Kris-Etherton名誉教授らが1994〜2002年に実施された抗酸化物質に関する論文をレビューし、研究結果を医学誌Circulation(2004; 110: 637-641)に寄稿し、米国心臓協会(AHA)に報告しています。 

 その研究では、「心血管疾患(CVD)の予防または治療に抗酸化サプリメントをルーチンに使用しても,その有効性は証明できない。現時点では、心血管疾患リスクを低減させるために抗酸化サプリメントを摂取するよう勧める理由はほとんどない」とKris-Etherton教授は述べています。 

 そして、米国心臓協会は、「抗酸化ビタミンの恩恵が得られる果物、野菜、全粒穀物、魚、豆、鶏肉や赤身肉の多い食事」を引き続き推奨しています。 

 Kris-Etherton教授は「果物や野菜の多い食事を取ると心血管疾患リスクが低下することはわかっているので、米国心臓協会の食事ガイドラインに一致する食事を取ることが勧められる。加えて、心血管疾患リスクを低下させるには健康的な体重の維持と身体的活動性が大切である」と述べています。 

 つまり、「抗酸化ビタミンはサプリメントではなく、食品から摂取すべきである」という事です。 

 サプリメントとは、栄養補助食品のことであり、その名のとおり「ある種の栄養を補給する目的で作られた食品」です。 たとえ外観や形状が薬のようであっても、サプリメントは特定の治療効果が認められた医薬品(くすり)とは違います。 

 筆者は、読者の皆さんの多くは、手軽で効果的と信じてビタミン剤やコエンザイムQ10などのサプリメントを呑んでいる事を知っています。 それは、サプリメントの製造・販売会社などの広告にある、一見科学的な裏付けがあるかのような情報を信じているからでしょう。 

 ですが、サプリメントなどの健康補助食品は、医薬品のように米国食品医薬品局(FDA)の検査や認定を受けていないため、その効能や効果、そして栄養素などの含有量が表示通りかどうかさえ保証されていないのが現実です。 

 効果も品質も保証がないのですから、筆者はクリニックで患者さんにサプリメント類の販売する事はありません。 筆者は、学士号課程で1学期、DC学位課程で1学期の計2学期、栄養学(Nutrition)の講座を履修。 またDC学位課程で1学期、毒理学(Toxicology)を履修しましたが、私はカイロプラクティック医師(DC)であり栄養士(Dietician)ではないので、食事や栄養の助言を無料で提供することはあっても、サプリメントを処方したり、販売するなどの行為はしないのです。 

 医薬品と比較して研究が余り進んでいない栄養補助食品の安全性や効果には疑問視する声も専門家の中にはあります。 特定のビタミンを過剰摂取すると健康を害するという新しい研究結果が発表されることもしばしばありますから、特定の成分を高濃度にしたサプリメントには特に注意が必要でしょう。 

 サプリメントはあまり過信せず、あくまでも補助的に有用な栄養素を補給するために利用する程度が無難でしょう。 食事でバランスよく有機食品など自然の食材からビタミンやミネラルを摂取して下さい。 

☆ 栄養学・ミニ講座:抗酸化ビタミン 

 前述の研究で抗酸化ビタミンは、サプリメントではなく食事で摂るべきであると述べられていましたので、その抗酸化ビタミンや抗酸化酵素についての情報を紹介します。 

 老化の促進やガンなどを誘発する要素のひとつに活性酸素の存在があげられます。 活性酸素は外敵から人体を守るのに必要なものですが、体内で大量に発生すると酸化作用により自らの身体に害を与えるのです。  

 インスタント食品、大気汚染、化学物質の多用など現代の環境は活性酸素を大量に発生させるストレスに満ちています。 その活性酸素の過剰による害を防ぐ為にスーパーオキシドディスムターゼ、グルタチオンペルオキシターゼ、カタラーゼなどの抗酸化酵素を体内で合成します。  

 しかし、それだけでは生体脂質の酸化を防ぐことができません。 そこで必要になるのがビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、カロテノイド、ユビデカレノン(CoQ10)などの抗酸化物質です。  

 ビタミンCは、ブロッコリー、小松菜、ほうれん草などの野菜、柑橘類、イチゴ、キウイフルーツなどの果物に豊富に含まれています。  

 ビタミンEは、ヒマワリ油、サフラワー油、大豆油などの植物オイルや、アーモンドなどのナッツ類、小麦胚芽、あんこう、たらこなどに豊富に含まれています。 脂溶性ビタミンなので過剰摂取には注意が必要です。  

 ユビデカレノン(CoQ10)は、最近特に注目を集めていますが、もともと体内で生成されるものです。 イワシ、サバなどの青魚、ウナギ、牛や豚の肉、豆製品に豊富に含まれています。 脂溶性のため油を使ってこれらの食品を調理するとより効率良く補給できます。 例えば、牛肉を大豆油で炒めるなどです。 そうすればビタミンEとCoQ10がたっぷり摂れます。  

 この抗酸化物質は、ビタミンCとE、そしてCoQ10の三つが揃うとより効果的に働くとされています。 基本はこれらの抗酸化物質を欠乏させないことであり、沢山摂れば摂るほど良い訳ではありませんから、ここで紹介した食材などを上手く献立に取り入れられることをお勧め致します。 ちょっとした知識と工夫で美味しく食べて健康維持が出来るのです。  

  • カイロプラクティック・ミニ講座: カイロプラクティックの安全性

 カイロプラクティックについて「頸椎の矯正は危険だ」とか「過度の矯正は有害だ」などと言う人を散見したり、噂を聞く事があります。 本当なのでしょうか。 一般に「科学的で信頼でき安全」とされている西洋医学と比較してカイロが安全かどうか医学誌の論文や保険機関の調査結果を基に科学的・論理的に考証してみましょう。 

 千六百万人が、処方された薬の副作用で入院し、十六万人がその副作用が原因で死亡している。毎年十八万人が医師が原因の傷害で死亡している。

(Leappe, L.L.: Journal of American Medical Association 1994, 72(23): 1851-1857) 

 心臓病や癌などの死因に続いてアメリカ人の死亡原因の第3位は医師(MD)である。様々な調査の結果、医原病で死亡する人は年間23万人〜28万4千人で、調査に多少の誤差があったとしても第4位の脳血管障害との間には著しい差がある。

(Barbara Starfield, MD, MPH:Journal of American Medical Association 2000 July 26;284(4):483-485)  

 1994年と2000年にアメリカ医師会ジャーナルという医学誌に掲載された上記の論文では、アメリカ合衆国において、毎年約34万人、及び、毎年約23万〜28万4千人(平均で約25万人)が西洋医学と医師が原因の医原病で死亡していると医師によって報告されています。 ジャーナルに掲載された事で米国医師会も論文の内容を認めています。 

では、カイロプラクティックはどうなのでしょうか。 

 最近65年間(1934〜1999)の研究では、カイロプラクティックが原因で死亡したとされる患者は世界全体で僅か19人である。 事実として、重篤な傷害を受けるリスクですら、アスピリンやアドビルなどの消炎鎮痛剤の方が脊椎矯正より400倍高い。

(Terrett, A, Current Concepts in Vertebrobasilar Complications, NCMIC Group, Inc., 2001, p 199.) 

 2001年に発表された保険会社によるこの調査書で判明した事実は、65年間の合計で僅か19人がカイロプラクティックにより死亡というものでした。 

 前述の「毎年約25万人の西洋医学による死亡(65年間で1625万人)」の報告と、「65年間の世界中の合計で僅か19人がカイロプラクティックにより死亡」という報告を比較すれば、カイロプラクティックの安全性の高さは明白です。(1625万人対19人で、約85万5千263倍の差) 

 痛みに対してアスピリンなどの薬を服用する事は、疾病の原因を取り除く脊椎矯正を受ける事と比較して400倍も重篤な傷害を受けるリスクが高いと報告されていますから、安易な薬の使用は賢明な治療方法ではない事が分かります。 

 これらの事実は医療過誤保険調査でも判明しています。 

 カイロプラクティックの治療による傷害が非常に稀なことにより、西洋医学の医師(MD)とカイロプラクティック医師(DC)の安全性記録の差がある事から、カイロプラクティック医師は西洋医学の医師と比較してホンの僅かな医療過誤保険の掛け金(10分の1〜50分の1)を支払っている。

(Malpractice Statistics from the National Chiropractic Mutual Insurance Company, West Des Moines, Iowa.) 

 こういった科学的・客観的な研究や調査の結果から、西洋医学と比較してもカイロプラクティックの安全性が格段に優れている事がご理解頂けたでしょう。 

 カイロプラクティックの有効性と安全性が知られてきた事で、近年では医師(MD)とカイロプラクティック医師(DC)が協力して患者のケアに当たる機会も増えて来ました。 もし、この21世紀において、まだ「カイロプラクティックは危険だ」などと言う者がいるならば、その人は不勉強で「カイロプラクティックに関して無知」であると言えるでしょう。 

 筆者は、カイロプラクティック医師(DC)の学位や免許を持つだけでなく、カイロプラクティック哲学称号(LCP)を持つ日本人では唯一のドクターです。 DC学位より更に上位のレベルでカイロプラクティックの原理原則や理論を深く修めたことを、カイロプラクティックの源泉であるパーマー・カイロプラクティック大学から認められて、LCP称号を与えられました。 

 世界中の約8万人のカイロプラクティック医師(DC)の中で、僅か200名弱のカイロプラクティック哲学称号を与えられたドクターとして、称号所持者にのみ着用を許されたLCPメダルを与えられています。 そして、公式の場で、様々な集会などで、そのメダルを着用し、正しいカイロプラクティックの普及と啓蒙に尽力するように要請されています。 

カイロプラクティックについてご質問があれば、遠慮なくお問い合わせ下さい。
ACE CHIROPRACTIC CLINIC
505 E. Golf Road Unit G, Arlington Heights, IL 60005
Tel: 847-290-9226



                                    バックナンバー


ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.