樺沢さんの精神医学的アメリカ考察



著者略歴 樺沢紫苑
(本名 佐々木信幸)


1965年、札幌生まれ。札幌医科大学卒。
精神科医。

2004年4月より、イリノイ大学シカゴ校
精神科勤務。

著書
「北海道スープカレー読本」(亜璃西社)


 朝日新聞、週刊ポストなどに記事執筆。サブカルチャー、アメリカ文化に詳しい精神科医として、テレビ、ラジオ出演など、精力的に活動中。

メールマガジン「シカゴ発 映画の精神医学


バックナンバー

          「スペリング・ビー」〜アメリカ人は言葉遊びが好き

「ブロードウェイ・イン・シカゴ」と銘打って、ブロードウェイのミュージカルがシカゴで次々と上演されている。

http://www.broadwayinchicago.com/subscriberupdate.php

現在大ヒットロングラン中の「WICKED」。そして最近の作品で言えば、「レント」「モンティ・パイソン スパマロット」「スペリング・ビー」。これから公開されるものとしては、「カラー・パープル」「アニー」「マンマ・ミア」「STOMP」などが予定されている。これらをずっと見ていけば、主要なブロードウェイ・ミュージカルをほとんど見ることが出来るのである。シカゴにいながら。これって、凄いことではないだろうか?

ニューヨークのブロードウェイでオリジナル・キャストで見るという楽しみもあるが、そうしょっちゅうニューヨークにもいけない。シカゴでこれだけの名作、傑作群が公演されるのだから、見ないと損という気もする。これらの作品の中には、ニューヨークでは未だにチケット入手困難な作品も含まれているから、シカゴで見るメリットは大きい。


写真1 「スペリング・ビー」ポスター

5月2日に見てきたのが、「スペリング・ビー」である。劇場は「Drury Lane Theatre」、ウォーター・タワー・プレース内の東側にある小さな劇場である。このくらいの規模の小さな劇場は私は好きだ。後ろの方の席でも役者の表情がハッキリと見えるし、役者の息遣いまで聞こえてくる。ライブ感、臨場感がある。

「スペリング・ビー」とはそもそも何か? 「ビー」といっても、「蜂」ではない。「スペリング・ビー」とはすスペリングの大会のことである。難しい単語のスペルをどれだけ覚えているかを競い合う大会で、地区大会、州の大会を勝ちのぼると全国大会に出場できる。そして、全国大会はESPNでテレビ中継される。それほどメジャーな大会である。

アメリカ人は引用が好きだし、言葉遊びも好きだ。「スクラブル」というゲームは人気だし、新聞には必ずクロスワード・パズルが載っている。テレビでは、言葉の穴埋めをするクイズ番組をやっている。アメリカでは単語、あるいは有名人の言葉をたくさん知っているのが「教養がある」とされる。そうした英語や英語文学を愛するアメリカ文化の一つ現わが、この「スペリング・ビー」ということにもなるのだ。したがって、「スペリング・ビー」の地区大会を勝ち上がって、全国大会に出場するということは、子供たちにとって大きな目標であるし、たいへん栄誉なことである。アメリカン・ドリームの実現ということにもなろう。

このミュージカル「スペリング・ビー」のストーリーは説明しにくい。「パットナム・カウンティー第25回スペリング・ビー記念大会」の最初から最後までを、ほぼ実際の大会様式にのっとり、時間経過もほぼ実時間と同様に進行していく。要するに実際の「スペリング・ビー」の大会を舞台上でそのまま再現したようなものだ。

「スペリング・ビー」はコメディ・ミュージカルである。一体これで、どうやって観客を笑わせ、物語を展開していくのかと思うが、進行の仕方や人物描写の方法は非常にユニークで驚きにあふれている。一番驚くのは、このミュージカルを見に来た観客の中から四人ほどが選ばれて、舞台に上がって「スペリング・ビー」の大会に出場する。つまり舞台に出演するのである。素人である彼らが、役者のようにうまくふるまう様子を見ると、「さすがアメリカ人はみんなエンターテイナーだなあ」と感心させられる。参加希望者は開演前にレジストレーションしているので、勇気のある人は参加してみるのも良いだろう。

これほど展開が読めないミュージカルは見たことがない。しかし、この「スペリング・ビー」の大会を通して、参加者一人一人の人間を描きながら、多いに笑わせてくれるのだから不思議だ。他に例をみないという点で斬新であり、さすがはトニー賞を受賞しているだけのことはある。

「スペリング・ビー」を楽しむためには、多少の英語力が必要だ。私の前の席の白人のおばさんは、のたうち回るほど大笑いしていたが、なぜそこまでおかしいにかは私には理解不能だったので、私の英語理解力もイマイチだったかもしれない。ただ他のお客を見ても、爆笑して大笑いしている人がたくさんいる一方で、意外とうけていない人もいたりして、笑いの個人差はありそうだ。結構、笑いの質はマニアックかもしれない。英語力があるにこしたことはないが、ビジュアル的に笑えるシーンも多く、全体の展開はスペリング大会そのものであるから、ストーリーについていけないということはなかろう。

コメディは好き嫌いが分かれるかもしれないが、私は派手に大笑いするアメリカ人と見るコメディは、こうした舞台もそして映画も大好きである。「スペリング・ビー」といえば、現在公開中の映画「アキーラ・アンド・ザ・ビー」も、「スペリング・ビー」を題材にした作品である。子役ケケ・バルマーの演技が素晴らしく、涙なくしてはみられない感動作品に仕上がっているので、こちらも是非見て欲しいと思う。

写真2 


写真3

 ロビーにおかれたロッカーと黒板。小学校の校舎内という演出でムードを高める。

                                    バックナンバー


ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.