樺沢さんの精神医学的アメリカ考察



著者略歴 樺沢紫苑
(本名 佐々木信幸)


1965年、札幌生まれ。札幌医科大学卒。
精神科医。

2004年4月より、イリノイ大学シカゴ校
精神科勤務。

著書
「北海道スープカレー読本」(亜璃西社)


 朝日新聞、週刊ポストなどに記事執筆。サブカルチャー、アメリカ文化に詳しい精神科医として、テレビ、ラジオ出演など、精力的に活動中。

メールマガジン「シカゴ発 映画の精神医学


バックナンバー

       ちょっとしたマイブーム イタリアン・ビレッジの「ボンゴレ」

どこかおいしいお店を人に教えてもらいたいとき。「どこか、おいしいお店を教えてください?」と決して言ってはいけない。そのように質問すると、「人の好みは違うから・・・」とか、「そんな、人に勧められるような店はわからないなあ」なとどはぐらかされる。「おいしい」というのは主観なので、自分が最高においしいと思っても、他の人にはどうかわからない。まして、「自分のおいしい店」を推薦して、人から「そうでもなかった」何て言われる大変ショックなものだ。したがって、「とごか、おいしいお店を教えてください?」と質問されても、おいそれと自分の好きな店を教えたくなくなるのだ。

では、どう質問すればいいのだろう? 「最近、よく行く店はどこですか?」 この質問が、非常に良いのだ。おいしいかどうかは別として、「よく行く店」を教えてもらう。聞かれた方も、「自分がよく行っている店」を伝えるだけであれば、それは主観や味覚の違いといったものとは無関係となる。ここ1ヵ月で3回行ったのなら、それはまぎれもない事実なのだから。

しかしながら、「よく行く店」というのは、その人にとってはたいてい「おいしい店」であるはずだ。おいしくない店に、1ヶ月に何度も通ったりしないだろう。必ずしも味だけではなく、雰囲気がよかったり、サービスがよかったり、コストパフォーマンスが良いから通うわけで、「よく行く店=お気に入りの店」という図式が成立するだろう。そして、グルメな人が足しげく通う「よく行く店」は、かなり高い確率で「おいしい店」であるはずだ。少なくとも、その人にとっては。

私もこの「US新聞」というシカゴの日本人が注目するこのサイトで、「おいしい店」を紹介するのはとても勇気がいる。「樺沢が勧めていたが、たいしたことなかった」と言われると、神経の図太い私でもショックを受ける。ということで、今回はおいしいかどうかはわからないが、私が最近最もよく行く店を紹介しよう。

それは、「イタリアン・ビレッジ」である。「イタリアン・ビレッジ」は以前から良く通っている。リリック・オペラやシアター・ディストリクトでミージカルを見た後、食事をしようと思っても、11時を過ぎるとほとんどの店では、フードメニューは終了していて食べられない。てそんな中、11時過ぎでも確実にしっかりと食べられるのが、「イタリアン・ビレッジ」である。オペラの帰りに寄るのが我が家の定番となっている。営業時間は、土日が午前1時。それ以外は0時であるが、いずれもラストオーダーの時間なので、それより前に入店すれば良い。ちなみに「イタリアン・ビレッジ」では、同じ系列の3軒の店が同じビルに入居しているが、私が訪れる遅い時間帯は1階と地下の店閉まっていることが多く行ったことがない。もっぱら行くのは2階の「The Village」である。したがって、以下「イタリアン・ビレッジ」とは、「The Village」のことを指す。

「イタリアン・ビレッジ」ではピザとパスタでは、パスタがお勧めである。ペンネなどのショートパスタが結構おいしいなあと思っていたが、1ヶ月ほど前に私のお気に入りのメニューと出会うことができた。それは、「Linguine con Vongole」($11.50)である。アサリの入った「ボンゴレ」は、日本のパスタ屋では定番メニューだが、アメリカでは食べたことがなかった。「ボンゴレ」でも食べたいなあと潜在的に思っていたときに、「イタリアン・ビレッジ」のメニューにボンゴレを発見したのだ。



写真1 Linguine con Vongole 白ワインソース

 パスタの具にアサリが使われているというよりも、アサリの中にパスタが入っているという感じ

この「ボンゴレ」は凄い。何が凄いかというと、アサリの量が半端じゃない。日本で食べるボンゴレの十倍は、アサリが入っている。マジで。だから、パスタを口に運ぶごとに、アサリを10個くらい一緒に食べられる。アサリは小さめなので、多分100個くらい入っているだろう。厳密に数えたことはないが(笑)。それだけアサリをたくさん使っているから、アサリのおいしいエキスがソースにタップリと出ている。貝のうまみあふれるソースと共に、パスタを口に運べば、「ああ、これぞ本当のボンゴレだ!!」という至福感に包まれる。



写真1 Linguine con Vongole 赤ワインソース

それと、ソースだが「白ワイン」と「赤ワイン」の2種類から選べるのはユニークである。赤ワイン・ソースのボンゴレというのは初めて食べたが、やはり定番の白ワイン・ソースの方が合うような気がした。「イタリアン・ビレッジ」のパスタは、結構量が多いので、いつも少し残して「TO GO(持ち帰り)」にしてしまうが、「ボンゴレ」を頼んだ時は必ず完食してしまう。この味、このボリューム、この満足感で「$11.50」とは、1ヶ月に3回も足を運んでしまうわけだ。

「イタリアン・ビレッジ」のパスタは、激旨(げきうま)というわけではないのだが、サービスお雰囲気、値段、そして味。総合的にみて自分の好みと合っているから、何度も通うということになる。ダウンタウンのループ内のレストランとして、お勧めできる一軒だろう。



写真3 Italian Antipasto $7.95 もおすすめ

生ハム、サラミなど冷たい前菜がたくんさん盛り合わせられている。これをおつまみにして、イタリアン・ビール「ペローニ」を飲む。気分はイタリアです。



写真4 リゾットもコクがあっておいしい。ボリュームも凄い。

http://www.italianvillage-chicago.com/
71 W. Monroe Street , Chicago
TEL: 312-332-7005


                                    バックナンバー


ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.