SHOKOのシカゴ郊外の町から


著者略歴 長野尚子

イリノイ州在住フリーライター。
2001年、大手出版社の制作ディレクターを退職後、単身アメリカへ留学。
その後帰国し子育て関連誌の編集者を経て、結婚を機に 2006年3月より再びカリフォルニア州バークレー市へ。
主に教育・子育て、国際文化交流をテーマに人脈を広げながら執筆活動中。
2007年10月より、研究者である夫の仕事の関係でシカゴ郊外に移る。
趣味・特技はJazz(ピアノ&ヴォーカル)、剣道(四段)。好きなことは食べることと飲むこと。
バークレーでの3年間の留学生活を綴った「たのもう、アメリカ。」(近代文芸社)発売中。


バックナンバー
        Jam Session突撃体験記・第1弾


 せっかくシカゴ近辺に住んでいることだし、たまには本場のJazzやBluesを聴きに行きたい。
いや、聴くだけじゃもったいないから自分も一緒にプレイして一体感を楽しんみようかな。
でも、いちいちシカゴまで出かけて行くほどの根性もないし、それほど腕に自信もない・・・

 お待たせしました。 今回は、そんなサバーバン(郊外の方々)のために、ありとあらゆる方法で手に入れた情報をもとに私が自ら実験台となって突撃する、題してサバーバンのための"Jam Session突撃体験記"第1弾をお届けします。

 今回訪れたのは、シカゴ西部郊外の町Geneva(ジェニヴァ)のイタリアンレストラン"Villa Verone"。
Genevaのダウンタウンに隣接した閑静な住宅街にひっそりとある、見た目は何の変哲もないカジュアルなイタリアンレストランですが、ここでは毎週水曜日にJam Sessionが行われているという情報をラジオ(※1)でキャッチ。はやる気持ちを抑えながら中に入ってみると・・・


ホストは、地元で活躍するピアニストのBruce Oscar。
 1階のレストラン入り口を入った左手すぐ、2階Barへと続く階段を上るとそこには不思議な別世界が広がります。この日も、地元の常連と思しきお客さんで席はいっぱい。年齢層は圧倒的に40代〜60代(以上?)でしょうか、いかにもこじゃれた大人の隠れた社交場という雰囲気が漂っていました。

 午後8時ごろからBruce OscarトリオのJazz演奏が始まり、この頃にはレストランで食事を済ませたお客さんたちも一杯ひっかけにこのBarにあがってきます。曲目は主にスタンダードなJazz、Bluesなど。演奏が進むにつれてギター、トランペット、フルート、ハーモニカやサックスなども演奏に加わって、さらに客席からは "熟年シンガー"たちも続々登場、お得意のナンバーを聞かせてくれました。

 あなどるなかれこの常連シンガーたち、その実力は相当なもの。かといってカラオケのように自分よがりではなく、ちゃんとミュージシャンにソロパートを渡しつつお客さんをも楽しませるコツをわかっていらっしゃる真の「エンターテイナー」ぞろい。こういう老練(?)な気配りが、若いミュージシャンの卵たちが腕試しに集まるシカゴあたりのLive Barでは味わえない、いかにもアメリカの古き良きBarという感じをかもし出しているのかもしれません。

 さて。ちなみにこの晩、私も地元民のはしくれとしてJamに参加、2曲歌わせていただくことにしました。まず、ミュージシャン(ピアニスト)に曲名とキー、テンポを告げる、ただそれだけ。たいがいの曲は譜面なしても演奏をしてくれます。あとは雰囲気に身を任せて楽しむだけ!アメリカのJamに参加するといつも感じることですが、難しい顔をしてじっと聴いている日本人と違ってアメリカのお客さんたちはとても和やか。せっかくここでシェアしたひと時をもろとも楽しんでしまおうという空気がひしひしと伝わってきます。そんなリラックスムードに包まれ、思わずこちらの緊張もほぐれでいきます。

 楽しいひと時を無事終え席に戻ってほ〜っと一息ついて飲んでいると、「今のはなんていう曲?」「よかったよ」など見知らぬ方々から声をかけていただき、心の中がぽっとあったかくなりました。私が座っていた席が出口に近かったこともあり、帰りがけのお客さんからも「Thank you for sharing a good time with us!」と声をかけられました。ありがとうはこっちのセリフなのに!自ら参加したことでミュージシャンとの距離もぐっと縮まり、多くの知り合いができました。さらに彼らから新たなJam情報などの様々な情報(※2)を仕入れることもできました。こうやって一気に音楽人脈が広がるのもJam Sessionの醍醐味です。

 さて、次回はどこへ行こうかな。音楽のあるところへならどこへでも。サバーバンのための"Jam Session数珠つなぎ"、次回もどうぞお楽しみに!


次第にフロアはダンスホールと化していく・・

オーナーのヴェローネさんは気さくで陽気なイタリア人そのもの

(※1) 90.9FM WDCB
ノン・コマーシャルで24時間ジャズ、ブルース、レゲエ、フォークをオンエアする公共ラジオ局。

(※2)

シカゴ近辺のライブ情報や音楽情報満載の"Chicago Jazz Magazine"
(年6回発行)。自宅への配送も可能。
詳しくは、www.ChicagoJazz.com


●お店情報 
「Villa Verone」
416 Hamilton St. Geneva, Il 60134
Tel: (630) 232-2201
* Sycamore、Elginにも姉妹店あり

*金・土曜は70年代ソウル,ブルースナイト
詳しくは、http://www.villaverone.net/



      
                             バックナンバー


ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.